スタッド・ドゥ・フランス、81338人のための容量を持つフランスの最大のスタジアム、そして様々なスポーツイベント、コンサート、ビッグショーに対応するように設計、ヤマハとのNEXOが提供するソリューションで、それ自体を装備、そのサウンドシステムを更新しました。

スタッド・ド・フランスは最近、システムのインストール、150万ユーロに相当するそのサウンドシステムの改修を受けています ヤマハネクサス これ8万観客一人一人が最高のサウンドを楽しむことが保証されます。

主要な国際的なアーティストによる本部ラグビーやサッカー、陸上競技、会議やコンサート、それが構築されたオーディオシステムのNEXOアルファではなく十年後に装備し、デジタルサウンド技術にかなりの進歩、と考えられていましたその新しいシステムは、音の明瞭度を改善し、スタジアムのユーザーの快適さをリスニングだろう。

Se invitó a varias empresas a presentar licitaciones para el contrato. Tras una demostración satisfactoria de una solución Yamaha/Nexo, el proveedor elegido fue la empresa Melpomen, con sede en Nantes, (la empresa que instaló el sistema original). Con una consola de mezclas digital Yamaha M7CL48-ES, 11 rack de escenario SB168-ES, dos sistemas de mezclas digitales DME64N y uno DME24N, nueve matrices de red EtherSound AuviTran AVM500-ES, casi 300 altavoces Nexo GEO S12, 20 subwoofers RS18 y 42 amplificadores NXAMP 4×4, con el nuevo sistema de sonido se cubre prácticamente cualquier eventualidad.

シルヴァンBrottes、Melpomenプロジェクトマネージャは、説明した: "我々は、スタッド・ド・フランスのモデルとしてナントスタジアムボージョワールの我々の最近の改装を使用しました。ヤマハ、Nexoのと密接に協力し、 Awvitrn私たちは、スタッド・ド・フランスのすべての要件を満たしたソリューションを提供することができます。」

4つのゾーン
El sistema se divide en cuatro zonas que corresponden a las partes norte, sur, este y oeste de la gradería oval del estadio, con un total de 44 grupos de altavoces. Cada zona corresponde a una trasmisión por canal EtherSound mono desde la consola de mezclas M7CL, la señal a cada una de ellas se divide en cuatro para proporcionarle una cobertura óptima para cada nivel de localidades de la gradería (superior, medio, bajo y “modo atletismo”). Se pueden montar niveles de asientos en la parte baja para algunos eventos, pero no son necesarios para las reuniones de atletismo que necesitan toda la pista de carreras. En consecuencia, este modo permite desconectar algunos de los altavoces inferiores cuando se retiran los niveles inferiores.

Dos canales más, cinco y seis, cubren respectivamente el tono y la zona exterior del estadio. Las salidas siete y ocho permiten grabar la programación y los anuncios del estadio, a través de una tarjeta de interfaz MY8-AE y una grabadora de CD Tascam CD (esto satisface los requisitos legales para controlar el contenido del escenario durante los conciertos), mientras que los canales nueve y diez se utilizan para entrada de señales de televisión.

入り口には、11 SB168-ESは、ワイヤレスマイクと異なる点から他の入力を使用することができるリングアーキテクチャ、とEtherSoundネットワークにスタジアムの周りに分布しています。 EtherSoundを使用すると、距離は最大800メートルにあるときに、より効果的な、本質的な光ファイバのケーブル接続を交換することができます。サウンド再生はCDやSteinberg社のCubaseを搭載したPCから来ています。

バックアップ装置
EQ、システムの最適化、アラームと安全メッセージをキャンセルするにはヤマハDME64Nと2番目のバックアップユニットで制御されています。障害が発生した場合に、自動的に他を活性化するように両方は、二つの出力ポートとAuviTran社AVRed-ES100に接続されています。 DME64Nは、パブリックアドレスシステムATEIS IDA8Cその出力はAuviTran社AVA4-ES100インターフェースによってEtherSoundのに変換されている競技場、に接続されています。

同時に、DME24Nはスタジアムの外のトランジットエリアをカバーする独立したオーディオシステムを管理します。シックスチャンネルオーディオM7CLスタジアムを受け取り、18個のグループがありすることGEO S8とNXAMP 4×4アンプ。

計画以上の年後、新しいシステムをインストールすると、イベントスタジアムのタイトなスケジュールのために、中断することなく行われなければならなかった、と2011年の春以来、完全に動作しています。

ファビアンBudnik視聴覚部門スタッド・ド・フランスは、新しいシステムが多くの可能性を開いた」と述べました。彼は私たちが持っていたよりも多くの可能性を与えています。私は定期的に好まれるコンソール働くサウンドエンジニアを求め、M7CLに投票しました。これは、便利なアクセス可能なすべてのものを持っており、非常に人気が証明されています。」


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 11 Jan, 2012
• セクション: オーディオ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/