バートンの日本の会社は CES 2012 ラスベガスで真の 3 D 空中ディスプレイ技術の彼の最後のアプリケーションを示している: ホログラフィック 3 D の鮫。空気または水の下で光の動きの明るい点を作成するには、レーザーを使用して、3 D 表示のこの技術は、デジタルサイネージ市場で適用されるものです。

バートン それを産む世界で最初の会社であることにクレームが空気で、メガネを必要とせずに表示される動きで真の 3 D 画像を作成しています。ラスベガスの ces では、日本の会社はこの技術を使用ガラス箱の中泳ぐ小さなサメの緑レーザーを作成します。

「現在の 3 d デバイスのほとんど、2次元のスクリーンにイメージを投影と錯覚を 3 d ように見える画像を作る。ただし、この新しいデバイスは画像として表示されます-空気は、3 D オブジェクトが自然とできるので"の会社から指定されました。

スーパー リアル ビジョンと呼ばれる、コンパクトなディスプレイは、集光レーザー光の集光点近傍のプラズマ発光の「現象」を使用しています。座標の中心点の位置を制御する空気中の点の配列によって構築された示していますリアルな 3 D 画像と z、x。今のところ、150 万の + HDTV のピクセル以下の 10-15 の fps の率で毎秒 50,000 ポイントを構築できます。24-30 fps のフレーム レートを増やすし、色の赤、緑および青を組み合わせることによりディスプレイを得るに取り組んでいます。

このプロトタイプは、産業技術と慶應義塾大学総合研究所、システムの元の開発者と共同で達成されました。この技術は、すでに拡大のためのより強力なレーザーに取り組んでいるバートンによれば、デジタルサイネージ、トレードショーや医療への応用を有することができます。チームはIBC 2012で、その最新バージョンを発表します。

動画プレビュー画像


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2012年1月16日
• セクション: デジタル ・ サイネージ, インフラストラクチャ, 投影, シミュレーション

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/