ヤマハ商業オーディオはほとんど無限の柔軟性システムを提供するために、同じダンテオーディオネットワークを使用して、ラックの入口と出口RI8-DとRo8-Dの新しいユニットの立ち上げとその製品ラインを拡大してきました。

ヤマハのコマーシャル オーディオ 彼はそのユニットの発売は、入力と出力のRI8-DとRo8-Dをラック発表しました。 、CL Rio3224-Dと1RUを保存Rio1608-D、I / Oシリーズ、新規RI-8DとRo8-D空間の単位を補完するだけの入力および出力のみ必要に必要な出力のエントリを有することが可能ですまたはその両方の組み合わせ。

RI-8DとRo8-D、新たな提供、高品質のオーディオ。部品の選択、建設、回路設計、電源が...開発の各段階での総合的な性能や聴力検査と組み合わせ、細部に気をつけていました。その結果、音が自然です。

RI8-DとRo8-Dユニットはまた、ダンテ-MY16インターフェイスカード-AUDを持っている他の専門のソリューションとシームレスに連携します。これらは、例えば、デジタルコンソールのM7CLとLS9とDME64Nデジタルミックスエンジンを含みます。プリアンプRI8-Dはまた、互換性のあるコンソールのユーザインターフェイスから直接制御することができます。

Nick Cook, director de Marketing en Yamaha Commercial Audio Systems Europe, ha destacado que “Ri8-D y Ro8-D han sido desarrollados para ofrecer el mismo nivel de calidad de audio que la serie CL, pero proporcionan una flexibilidad aún mayor. Las entradas y salidas se pueden disponer exactamente donde se necesiten, lo que significa que nuestros clientes pueden especificar e instalar sistemas de audio que están precisamente adaptados a las necesidades de cualquier lugar o evento”.


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2013年1月9日
• セクション: オーディオ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/