シドニーオペラハウスは部屋にないミュージシャンの音を再現するために、システムホロフォニクスに取り組んでいます。遊びのステージング 死の都 オーケストラの部屋にフィットよりも大きくする必要がありました。

オペラハウスシドニー

遊びのステージング 死の都 エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトによって(デッド市)はシドニーオペラハウス(SOH)のための挑戦でした。それは140ミュージシャン、ほとんどの聖歌隊のメンバーに対応しなければならなかった、とピットは十分な容量ではありませんでした。したがって、ホロフォニクスがサウンドを再現できるようにするソリューションを選ぶされています。 「アイデアはないもの交換する音像を作成することでした、「トニー・デビッド・クレイ、録音やSOHの放送のプロジェクトとヘッドのサウンドデザイナーは言います。

曲芸のこの行為を提供するために使用されているシステムは、組み合わせ音響スピーカーです d ・ b Audiotechnik非常に異例の形式、およびそれらが位置や安定した方向にあったかのように観客の誰もがそれらを知覚するように、空間内の仮想音源を配置するように設計された空間オーディオのアルゴリズムで。

オペラシドニーハウス

Ralf Zuleeg de D&B Audiotechnik fue el encargado de desarrollar el sistema y lo hizo a partir de un solo modelo de altavoz. “Elegí el T10 porque se puede utilizar como arreglo en línea y como fuente puntual, o sea, como me gusta decir, hace country y rock. Como tiene las mismas características de sonido en cualquier modo en que se utilice, simplificó mucho mi vida. No tuve que perder tiempo en ajustar un sistema compuesto por elementos diferentes y en ambos formatos, fuente lineal y fuente puntual”.

まず、デビッド・クレイは唯一の公共のために、ステージのスピーカーをオンに出演するために使用されるシステムを要求しました。タスクは、絶対に本物の音場を提供するサウンドシステムを構築することでした。歌手が増幅されていない動作するようにしたので、それらとオーケストラとの関係は、部屋全体に仕事をしていました。

Zuleegはステファン・マウアー、署名をしたシステム設計とアプリケーションから現れた音場 Iosono, del algoritmo de audio espacial a la configuración de altavoces, les sorprendió incluso a ellos cuando se hizo la primera configuración a sólo una semana de la primera función. “La mejor manera de imaginar cómo funciona el sistema -explica Mauer- es reconocer que no utilizamos los altavoces para reproducir sonido, sino que más bien se utilizan para crear el campo acústico natural de una fuente virtual de sonido. Los algoritmos calculan las señales de accionamiento de los altavoces correspondientes que son necesarios para que el oyente perciba el sonido en la perspectiva que debe tener. Por decirlo así, los oyentes escuchan música procedente de unos instrumentos que realmente no están ahí”.

オペラシドニーハウス

En respuesta a como se manifiesta esta percepción de las dimensiones de la orquesta en el auditorio, David-Cray explica que es muy uniforme. “En la sala principal, de delante hacia atrás, de lado a lado. Te sientas en un sitio y puedes oír, por ejemplo, a los violines y los chelos que están inmediatamente detrás. Te sientas en otro sitio y la orientación cambia, como si los músicos estuvieran realmente en la sala”.

David-Cray opina que este método de imagen de audio aporta una perspectiva totalmente diferente sobre el diseño. Lleva la tecnología más allá de la experiencia de audición. “Es lo que se llama desenmascaramiento binaural y es intrínseco a cómo percibimos el mundo a nuestro alrededor y, naturalmente, también a cómo oímos una orquesta: cada miembro del público hace esa mezcla en su cabeza. La sonorización y uniformidad angular de los altavoces, junto con los algoritmos inteligentes, juegan a favor del oyente para lograr la suspensión de la incredulidad. No pueden ver la orquesta, pero todo es lo suficientemente bueno como para creer que la hay. Esto es lo que quería decir cuando comentaba que es como sacar la tecnología de la escucha”.

ビビッドSyney:光、色と音楽の祭典

ビビッドシドニー2013

5月24日から6月10日に、シドニーの街は、光、色と音楽で満たされています。その第五版では、祭り ビビッド シドニー 120以上のショーや文化イベントを提供するために街を取ります。そして、これらのハイライトの中で、色、動き、芸術的な照明がSpinifexグループによって、この創造の主役であるライブ演奏や3Dマップのステージングとオペラの音楽を点灯します。

この祭りのもう一つの重要な要素は、有名なシドニーハーバーブリッジはとのコラボレーションを通じて、インタラクティブなタッチスクリーンを介して公衆によって制御される橋の西側にインタラクティブなプログラム可能な照明の設置を通して生きてきますさ インテル 32百照明、シドニー。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 2013年5月31日
• セクション: オーディオ, ケース ・ スタディ, イベント, 照明, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/