パリ デカルト大学とダッソー ・ システムズ、BornToBeAlive 3 D 経験を開発しました。仮想世界で親と対話したり、配信の日の準備します。

生まれた ToBeAlive

生まれた ToBeAlive 配信の日に備えて妊婦に役立つ 3 D シミュレーション ツールです。その時が来るときに発生する可能性がありますすべての質問に答える彼ら、仮想世界を再作成します。設定に没頭するこれを行うには、アバターを通じて対話する場所。

このソリューションは、によって設計されている、 パリ大学デカルト, ダッソー ・ システムズ 教育大学 fracesa 医学研究所とのコラボレーションに加え、3 D の会社 iLumens.

生まれた ToBeAliveBornToBeAlive は親が良いマシンとプロセス、仕組みおよびその日のために準備する方法を知るために産科病棟と分娩室に精通しているになるのでリアルな 3 D 体験を提供しています。妊婦が、出産時に必要なアクションを作る事実上各ステップは彼らの知識を豊かにし、不安を軽減するインタラクティブな説明を提供する、その日を待って何それらを示しています。

BornToBeAlive には、共有、議論や誕生について質問することができるにヘルスケアの専門家のコミュニティが含まれています。

毎年、世界中で以上 7500 万出生の発生します。出産は幸せなイベントが、多くの質問や妊娠中の母親のストレスにそれを起動することができます。これらの問題に対し、シミュレーションと共に 3次元あり医師コミュニティ プラットフォームと助産師は、疑問を解決。

3 D シミュレーションのおかげで「だ」彼らはない前に見ることができる何を参照くださいすること可能とインタラクティブな体験、フレデリック Vacher、ダッソー ・ システムズの戦略的なマーケティング ディレクター重点を置きます。「人が没頭している場面作ると繰り返されるジェスチャーは、より良い準備できます現実」.

生まれた ToBeAlive経験の 3 D BornToBeAlive は英語とフランス語で利用可能で、滞在生きて、意識を高めるし、応急処置の訓練を提供する 3 D 体験によって開始されたシリーズの第 2。

このプロジェクトは、GE ヘルスケア グループ、フェリング研究所と Teleflex 財団パリ デカルト; 主催それは国立大学産科婦人科と産科医フランス語 (CNGOF) は、周産期医学会 (SFMP) と共同で科学的なサポートを提供しての会議で発表されています。BornToBeAlive は、PremUp 財団の支援も受けた。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , ,
によって • 2013年6月21日
• セクション: お大事に, シミュレーション

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/