B&W Hallerneアリーナで開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストの第59版は、デンマークの首都の旧造船所は、最大の視聴覚この祭りの歴史の中で示すように、投影システム、3D技術の一つを上演しましたLEDと見事な光の効果、音響・照明の花火は、大きな技術主人公となっています。

ショーのための最新の視聴覚技術が、この場合コペンハーゲンで最後の5月10日開催されたユーロビジョン・ソング・コンテスト2014で、彼はそのシナリオほとんどの一つとなっている。このヨーロッパの音楽イベントで無関心観客、ファンや出席者を残していませんその歴史の中で革新的な。

今B&W Hallerneアリーナに変換元デンマークの造船所が、結果は3D技術は巨大なLEDキューブで設定された華麗な視聴覚ショーとなっている技術前例のないディスプレイに5月10日の夜になりましたスペイン代表のパフォーマンス中に発生したように、彼は、出場者のそれぞれのパフォーマンスに設定され、ルースロレンツォ、問題の画像自体に装飾され、重畳された背景に投影され、雨の視覚効果が印象的な要素がありました。

投影の観点から、祭りの組織はベルギーの会社バルコの技術によって年をデカントするために返され、最終版の論文で起こったとして再生すると16単位の合計で、プロジェクターHDQ-2K40を強調しました、彼らは明るい画像を表示するプロジェクターHDX-W20モデルの同数と組み合わされます。

LED技術

El escenario de Eurovisión 2014 centraba el espectáculo en un gran cubo de LED (de 20×35 metros), compuesto por 120 módulos con una superficie especial en LED para proyección, lo que permitía la visualización de imágenes o animaciones. Al igual que en la edición 2013, MediaTec fue la empresa encargada de la integración de la tecnología de Barco en esta configuración.

Diseñado por Claus Zier, el escenario tenía 20 metros de altura y 1.200 metros cuadrados, lo que le convierte en el mayor hasta la fecha construido en Dinamarca. Para el levantamiento de la estructura, que recordaba a los antiguos astilleros, se emplearon 40 toneladas de acero forradas de 3.000 luces fluorescentes, 730 de LED, así como una pantalla de policarbonato acrílico para la proyección de las imágenes en cada una de las actuaciones. Es de destacar que el suelo era sensible al tacto, por lo que las imágenes procedentes de los proyectores Barco podían interactuar con los artistas conforme caminaban por él.

オーディオについては、B&W Hallerneアリーナ、生地の6万平方メートルで設計さ150巨大バルーンでの以上11,400キロのPAシステムは、エコーで、すべての分野でクリアなサウンドと高品質を持つことが許されましたわずか3秒。ショーの間に20台のカメラを使用しました。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 12 May, 2014
• セクション: オーディオ, ケース ・ スタディ, デジタル ・ サイネージ, ディスプレイ, イベント, 生産, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/