サンラサロの宮殿の歴史的な設定を尊重し、Albiralが出席、投票と議論の議院内閣制を最適化する12インチのタッチスクリーンを備えたマルチメディアソリューションを、実施しています。その管理とコントロールは、AHネットERTとソフトウェアインタフェースをリモートで実行されています。

サンラサロでALBIRAL宮殿

メキシコのサン・ラザロの立法宮殿の下院は、その施設を最適化し、既存の家具を維持しながら、議会のマルチメディア技術を実装したかったです。この要件を満たすために ALBIRAL それが実現するのは簡単カスタマイズされたソリューションを提供し、歴史的環境を尊重します。

台座は、ディスカッション・システムの座席の各々に添加した、存在感、議決権及び生体認証が実装されており、それは、高速で堅牢でありながら静かなシステムと後退タッチスクリーン内部に、インストールされていましたかつ信頼性の高いです。

このソリューションでは、連邦議員の参加者は、紙の消費および関連グラフィックサービスに保存されている議会の支持、毎日討論、取り組みや彼らが必要とするすべての立法情報だけでなく、インターネットのシステムへのアクセス権を持っています。

サンラサロでALBIRAL宮殿

Pantallaは隠された監視対象

システムは、迅速かつ静かに、使用しないときに家具の中に隠さタッチAlbiral電動12インチの画面を持っています。それにより、メンバーがリアルタイムの情報にアクセスすることができます。モニタが付属しており、必要に応じて行く、それはスペースを最適化し、マルチメディア情報へのアクセスを可能にします。

格納式タッチスクリーンメンバーを通じて法的枠組み、議会情報、慢性および議会公報を参照してください、だけでなく、文書や統計情報を受信して​​表示することができます。

Albiral電動モニターは、管理対象とコントロールセンターにあるERTのソフトウェアインタフェースとAHネットを介して遠隔制御されています。 ERTインタフェースは、制御、最大900モニターの診断を可能にします。システムは、グループ内または全体として、個別制御を提供します。

動きをリフティング、後退は、オン、オフ、ソースの選択やスイッチのローカル操作は、実用的で使いやすい、非常にシンプルな配線では、遠隔制御されています。

それがループされ、単一のケーブルを介して個々のコントロールを持つことができるように、各格納式モニターAlbiralは、パーソナライズされた識別システムを持っています。

各ERTインターフェイス30モニタのグループを制御し、システムが異常とトリガーアラームを検出することができます。したがって、それは技術チームを大幅にメンテナンスコストを削減しながら議論を行う前に、システムの適切な機能を満足させることは、事前にイベントを調製するのに非常に便利なツールとなります。

サンラサロメキシコの宮殿

パラシオサンラサロ

El Palacio de San Lázaro fue construido en el mismo lugar donde estaba localizada la estación de ferrocarriles de San Lázaro. La construcción estuvo a mando del presidente José López Portillo quien contrató a un grupo de arquitectos formados por Jorge Campuzano, Pedro Ramírez Vázquez y David Suárez para que erigieran dicha obra que iba a ser utilizada como sede de la Reforma Política de 1977, ya que el número de diputados había crecido de 186 a 400, y ya no cabían en el Palacio Legislativo de Donceles.

El proceso constructivo fue rápido, ya que la necesidad que tenía el grupo aceleraba la construcción. La inauguración del palacio se realizó a principios del mes de septiembre del año 1981. Este grupo se instaló en esta edificación hasta el 5 de mayo del 1989, ya que en esta fecha el palacio sufrió una fuerte devastación a causa de un terrible incendio que destruyó el lugar. Sin embargo, este fue restaurado e inaugurado en el mes de noviembre del 1992, pero, esta vez no albergó a la cámara, ya que ellos se trasladaron a la Unidad de Congresos del Centro Médico Nacional. En cambio, albergó el Congreso de la Unión y de la Cámara de Diputados.

La fachada del palacio es de tres cuerpos. Dos de ellos están cubiertos de tezontle rojo y uno de mármol blanco, este último pertenece al cuerpo central. En la puerta principal fue colocado un hermoso conjunto escultórico que fue esculpido en bajo relieve; en donde se puede apreciar el escudo nacional rodeado de banderas, que está situado en el centro del conjunto.

錆びた緑青銅のシート上に配置された彫刻は、ホセ・チャベスMoradoによって建立されました。これは、メキシコの1824年、1857年と1917年の憲法の歴史を描いた壁画のコレクションを収容するロビーがあります。これらの壁画は、アドルフォMexiacによって作成されました。また、部屋の中心に向かって落下千鳥席で構成され2000人の能力、と生きているセクションがあります。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 2014年6月11日
• セクション: ケース ・ スタディ, ディスプレイ, インフラストラクチャ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/