創造性、経験、技術の民間の無人偵察機と農業セクターに接続され、自動車オブジェクトは、オウムが 2016年ラスベガスで CES でこれらの日を提示されているノベルティをマークしました。

フランスの多国籍企業が利用できる市場で今年は、オウムのディスク、絶景翼形システム、舞い上がる鳥のように、ことができるまたはオウム ポット、植物の成長のための重要なパラメーターを測定ロボットの庭師のような新しい民間無人偵察機と、ラスベガスで 1 月 9 日までの CES 2016 競争に参加します。、時に灌漑を自律的に管理します。

この意味で、会社は連結の開発の 2 つの領域の周りその経験を示しています: senseFly、Airinov、MicaSense の精密農業: 作物の種類に適応したセンサーを組み合わせた提供、レンダリング ソリューション マップし、無人偵察機による農業情報の解析のためのソフトウェアを高度な。

オウムがその事業活動を開発する他のアプリケーションは、場所または無人機 senseFly eXom 構造とソフトウェア ソリューションの Pix4D キャプチャ & Pix4D マッパー危険な検査です。

En el entorno de objetos conectados, Parrot Pot es una maceta inteligente o robot jardinero que mide los parámetros críticos para el crecimiento de la planta, al tiempo que gestiona el riego de forma autónoma. Otra de las novedades es Flower Power 2.0, una aplicación totalmente rediseñada con una biblioteca con más de 8.000 plantas.

Muy presente también en el entorno de ocio, la compañía ha presentado Parrot Bebop 2, un drone todo en uno de sólo 500 gramos de peso que integra una cámara gran angular full-HD, con unaautonomía de tiempo de vuelo de 25 minutos.


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 8 Jan, 2016
• セクション: アクセサリー, イベント, ビジネス

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/