製造業者は、音響の専門家SoundPlanと共同で開発した屋外イベントNoizCalc、中遠距離場でノイズ計算を予測するための新しいソフトウェアツールメッセフランクフルトでのイベントの今後の2016年版で表示されます。

デシベルオーディオプロライトとSound2016

5次の4月8日に、 プロライト + サウンド 新しいメーカーの参加を得て、フランクフルトのドイツの都市でフェアで2016年版を開きます。 d ・ b audiotechnik その空間での主要なプレーヤーの一人としてNoizCalcソフトウェアツールでオーディオ環境でのイノベーションを披露する - (3ホールは、C15スタンド)。

D&BはNoizCalcと共同で設計されています SoundPlan屋外のショーのノイズが深刻な問題となっているように、エキスパートアドバイザーの音響およびソフトウェアの開発は、それが増加、特にとして、屋外イベントのファーフィールド中の音の放射を予測します居住都市環境におけるイベントと許可とノイズの影響予測の数は、周辺地域に必要とされます。

NoizCalc技術は、オンライン手配やサブウーファーなど、一貫して発光する複数のソースからの音の伝播を予測します。 3D地形データを通じて、ソフトウェアが正確に、2000の規格ISO 9613から2とノールによると、地上による遠距離場中の音の放射を予測するので、イベントシステム設計者の計画段階彼らは、潜在的なノイズの問題を予測することができます。

DBのオーディオNoizCalc

Sobre su participación en este certamen, Sabina Berloffa, directora de marketing de d&b, explica que “los visitantes que se acerquen al stand podrán comprobar directamente que nos adaptamos a las necesidades de clientes, ingenieros y mercados. NoizCalc es una solución sencilla para diseñadores del sistema de sonido, que ahora podrán investigar qué impacto tendrán sus sistemas de altavoces en un área más amplia. En SoundPLAN, nuestro partner en el desarrollo del software, hemos encontrado un colaborador que comparte nuestra visión para desarrollar una herramienta de predicción del ruido fácil de usar”.

同社のスタンドは、ソフトウェアがNoizCalcステップガイドを提示し、シミュレーションからの制御に、ワークフローステップのD&Bが提供される上のワークステーションを備えています。訪問者はまたによって議論される、シリーズEからYに、最近の市場だけでなく、スピーカーの完全な家族の中で紹介し、ダンテと互換性のあるネットワークブリッジオーディオDS10の基本原則のビデオやグラフィックスが表示されます新世代の4チャンネルアンプ。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 2016年3月30日
• セクション: オーディオ, イベント

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/