具体的には眼鏡やバーチャルリアリティのヘルメットで使用するために設計され、同社は、画面のリフレッシュレートを改善し、主に、画素間の目に見える分離線を削除するには、最新の低温ポリシリコンTFT液晶技術を組み込みました。

LTPS TFT LCDテクノロジー ジャパンディスプレイ それは事実上分離の間に目に見えるラインをなくす、651 dpiのを提供するよう(JDI)がその新しいパネルを開発した、3.42は「バーチャルリアリティ装置のために、視覚の問題は、迷惑な画素密度を解決し、リフレッシュレートピクセル、1440×1.700p(添付画像参照)の解像度。

これまでのところ、最もよく知られている市場バーチャルリアリティは、HTC Viveの、オクルスリフトおよびプレイステーションVRデバイスとして、それぞれの文を447pppする386、461の範囲の画素密度でパネルを使用して、数名にJDIによって容易に、そして唯一の500 dpiののバー557 PPIで画面を持つサムスンギアVRデバイスを超えています。

仮想現実デバイス用の新しいパネルJDIは、黒から3ミリ秒の待ち時間の応答時間で、すでにブレを軽減し、めまいを回避するためにいくつかのゴーグルやヘルメットを持っていると90ヘルツのリフレッシュレートと一致します1:白と最悪のケースでは6ミリ秒、会社から提供されたデータによれば、先の150のCD /㎡と700のコントラスト比の明るさが追加されます。

ジャパンディスプレイは、800 dpiの、さらにユーザの視聴体験を強化するために、プロトタイプシャープ(近い千解像度)に発表されたよりも幾分低い密度のバージョンを開発するための短期を提供します。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 29 Nov, 2016
• セクション: アクセサリー, ディスプレイ, 拡張現実感

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/