同社によると、消費者市場とプロの両方が統合され、以前のものと同様の結果で今年終了することを期待します。バーチャルと拡張現実、人工知能(AI)と5G通信:年を開始するために彼の伝統的な会議では、彼は3つの技術を中心に展開CES 2017で発表された彼らの最新の開発を、披露する機会を得ました。

新しい年のスタートでは、 インテル ちょうど終了した年度とどのような未来が保持している間に、市場となっているものの見直しを行うために、プレスとの伝統的な会談を行いました。

Carlos Clerencia, country manager de Intel para España y Portugal, ha definido 2016 como “un año convulso pero positivo, sobre todo en el segmento de PCs de consumo, con un 2,7% en unidades y un 5% en valor, y vemos con optimismo 2017 aunque su crecimiento irá ligado a la economía del país. Si el PIB español crece también lo hará la industria informática”. Sus previsiones apuntan a una consolidación del mercado, con un descenso en la venta de tablets que serán sustituidas por sistemas 2 en 1. Tanto el mercado de consumo como el profesional seguirá afianzándose y aunque aún no han dado a conocer los resultados de 2016 esperan que los resultados sean similares a los del ejercicio anterior.

会議はまた、今後数ヶ月でカルロスClerencia動向と企業動向がどうなるかを明らかに役立ちました。ラスベガスで最近開催された見本市で、いくつかのデモをしたソリューション、 CES バーチャルと拡張現実、人工知能(AI)と通信5G:2017、およびそれが3つの技術を中心に展開しています。

彼はで進んように デジタル AV マガジン、人工知能と組み合わせ/バーチャルリアリティは、Intelが技術革新を後押しし、業界と消費者の両方のための新しい、より大きな機会へのアクセスのためのより高速な処理を可能にするために多額の賭けされた二つの領域です。

バーチャルリアリティに関しては、Intelは仕事、旅行や遊び、職場での安全性と生産性を改革し、あなたが行動の中心にユーザーを移動するスポーツやエンターテイメントを楽しむための新しい世界を提供しているとして、 。

Sus desarrollos van encaminados a lo que la compañía ha denominado ‘realidad fusionada’, en la que los mundos real y virtual confluyen de forma natural y que tienen su reflejo en iniciativa como el Proyecto Alloy, que permite a los usuarios de visores de realidad virtual utilizar sus manos, en lugar de mandos, a la hora de manipular objetos virtuales; o moverse en vídeos en tiempo real, sin necesidad de que estos estén renderizados previamente.

インテルスペインのカントリー・マネージャーは、VRの経験の会合に住んで説明し、エンジンの容積キャプチャと再生HypeVRを使用して、潘Giocの滝を探索としてラスベガスでフェア中に行われた予め記録されました。 4Kビデオシステム360とネバダ州の太陽植物の低高度無人機による検査。またはNCAAのバスケットボールの試合でコートサイドを座ってする機能。

すべてのこれらの経験は、デスクトップバージョンを発表したのインテルCoreプロセッサの第7世代に基づいて行われ、オクルスリフトVRヘルメットコンピューターました。

また、カルロスClerenciaは年末までに同社が利用できる才能の2台のRealSenseヘルメットカメラやオープンな開発プラットフォームを持っているだろうと伝え。

5G通信

アナリストは、2020年までに50,000以上の百万のデバイスがIoTをに接続され、ネットワークの新しい世代が必要となります。この接続を容易にすることを期待しています。 5G技術は、新しい体験やサービスを提供するために、物理的およびデジタルの境界をあいまいにします。

業界のこれらのニーズを満たすために、Intelはこの技術とデバイスの開発を加速していきます低レイテンシ5Gモデムを導入しました。アメリカ、ヨーロッパ、韓国、日本を含む世界のさまざまな地域でミリスペクトルの6 GHz以下の帯域で5G接続を提供できるようになります。

この装置は、今年の後半に利用できるようになり、低レイテンシの構造、高度なコーディングMIMOチャネルおよび超高速応答との接続を可能とする大規模な能力を含む技術3GPP 5G NR(新しい無線)が、組み込まれています。

接続されている車は、Intelが5G業界の準備ができて最初の開発プラットフォームを含む、自動車のソリューションを、GOのための新ブランドを強調し、会社の研究の別の領域です。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 10 Jan, 2017
• セクション: イベント, ビジネス, 拡張現実感, ネットワーク, シミュレーション

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/