ダ・ライトとベルギーの新固形分の専門家が提示される投影スクリーンの製造業者からの支援とほぼ完全なソリューション、との間の空間に。

間の空間が主人公のブースのテーマです クリスティ あなたは、今年があります 伊勢 すでに提案されている2017年として、 デジタル AV マガジン、それは表示された画像と観客との間の中間領域です。

“Christie lleva décadas trabajando en el desarrollo de tecnologías y soluciones que compatibilizan entretenimiento, conocimiento y ese factor de sorpresa y admiración sobre el que se cimenta el recuerdo. Un trabajo dominado por una constante: el espacio que existe entre la imagen y su público. Ese espacio intermedio ha animado a nuestra industria a desarrollar mejores contenidos, a optimizar la reproducción de la imagen y a crear mayores displays para conseguir una experiencia más inmersiva y atrapar a la audiencia. En otras palabras: se intenta tender un puente sobre el espacio intermedio”, aclara Jennifer Smith, vicepresidenta ejecutiva de Global Market Solutions de Christie.

投影画面の製造元からのサポートを備えた本実質的に完全なソリューションとの間のスペース、 ライトから そして、ベルギーの専門コンテンツ 新しいソリッド.

En la muestra, seis de los proyectores profesionales Boxer 4K30 trabajarán al unísono con la versión 6, recién lanzada al mercado, de Pandoras Box (servidor de medios y control de show, Manager Pro, Widget Pro, Air-scan y etiquetado de ID) para crear un espacio interactivo, no de ‘uno a uno’, sino de ‘uno a muchos’. El sistema mostrará no sólo el control de gestos para múltiples usuarios sino también cómo hacer el seguimiento de usuario en tiempo real para influir en una pantalla de 16 metros de ancho y sus contenidos.

“Los displays móviles y llevables han entrado en contacto físico con el contenido que se muestra, revolucionando tanto la comunicación como nuestra propia relación con la tecnología. En ISE 2017 queremos mostrar a los asistentes que Christie cuenta con las herramientas y el know-how necesarios para hacer en la gran pantalla eso, y mucho más en el futuro”, explica Smith.

これは、多数の視聴者のためのプレゼンテーションをサポートするために、クリスティは、AVシステムインテグレータのツールキット」を提示初めてではありません。ミスティーク昨年は、スポーツ施設、永久その他のレクリエーション施設で設計、インストールと操作をサポートするためのソリューションを導入しました。

ミスティークディスプレイは、事前RV、印刷システムスケーリング-3Dモデリング、アライメントツールおよび監視ツールカメラ・システム・レベルが含まれていました。アムステルダムのフェアでは再び減少した規模であるが、存在するであろう。

「80年以上の場合は、実際には、創業以来、クリスティがあることと、大型ディスプレイの最前線に残り、このフォーマットが提供する共有経験を先に進めるのに苦労しました。何それは他のシステムや技術大型ディスプレイを包含するように進化した最後の35年間に突起長編映画で始まりました。共有経験を進めるためにこの野望は今、エンターテイメントを超えて延びており、ビジネス、教育、産業の世界に到達し、「デイル・ミラー、グローバルセールス担当執行副社長は語りました。

ISE 2017への特別なアクセス


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , ,
によって • 2017年2月3日
• セクション: コントロール, ディスプレイ, イベント, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/