9000シリーズを普及素晴らしいオーディオ品質は、最も複雑なRF環境では、最も要求の厳しい本番に耐えることのできる2チャンネル受信機で利用可能になりました。

ゼンハイザー 最近ハノーバーでジャーナリスト、ディストリビューターとは、ユーザーが解決のために今6000わずか5年の人気9000シリーズ、ドイツのメーカーの賭けのリリース後に新たなデジタルワイヤレスマイクについて学ぶことができる機能を備えたイベントを開催優れたオーディオ品質と放送などのライブ制作、すべてのタイプの中で使用するための強固なRF無線伝送。

La serie 6000 emplea el mismo modo de largo alcance y el códec de audio digital de Sennheiser tan característicos de la 9000 aunque esta vez va más allá al contar con un receptor de dos canales (en versiones diferentes), un bodypack y un transmisor de mano así como una unidad de recarga para montaje en rack. Digital 6000 ofrece el inigualable modo de transmisión de larga distancia del sistema 9000, acompañado de una masiva banda ancha conmutable de 244 MHz.

Andreas Sennheiser, CEO de Sennheiser, abrió estas jornadas celebradas en el recinto de Expo Hannover 2000 afirmando “que el esfuerzo y apuesta por la innovación han marcado la historia de esta compañía desde que la fundara mi abuelo, Fritz Sennheiser, hace setenta y dos años. Nuestro reto continuo ha sido siempre invertir en innovación para crear algo que sea realmente novedoso”.

Sennheiser, tras destacar el gran número de artistas y grupos musicales de primer nivel que recorren el mundo en sus giras utilizando sus sistemas de microfonía, señaló que “en este momento están convergiendo dos tecnologías: la realidad virtual, donde al audio jugará un papel importante; y la baja latencia para poder transmitir un concierto, por ejemplo, a millones de personas en cualquier lugar a través de streaming”. También hizo hincapié en la importancia del audio en entornos colaborativos que conecten personas y negocios.

Por su parte, Peter Claussen, COO de la división profesional de Sennheiser, afirmó que “queremos estar siempre en lo más alto para, incluso, estar por delante de todos estos cambios. Los desarrollos profesionales en Sennheiser se centran en como va a usarse una solución y cómo el software puede ayudar como complemento del hardware a flexibilizar y acercar cada solución al usuario”.

グレッグ・ビービ、ライブパフォーマンス&ミュージックの部門のディレクターは、与えた後、「未来への歓迎を、「ユーザーは側面によって制限されていないソリューション「同社は6000シリーズの開発に持っていることの情熱を強調しましたRFおよびオーディオ周波数それは放送環境における既存のインフラストラクチャ、ライブイベントに簡単に統合を持つすべてのライブ制作のための強固なRF伝送を提供していますので...」。

1よりも優れた二

新しいデジタル受信機EM 6000は2つのバージョンがあります。とし、ダンテカードがなくて。両方の場合において、それは2つのチャネルを有し、それは容易に設定可能であり、最高品質の音声を保証するために、統合されたアンテナスプリッター、リンレンジモードと独自のオーディオ符号化(Sedac)を有しています。

モデルによっては、それは二つの出力ダンテブルックリンまたはアンフェノールのRJ-45カードおよびAES 256暗号化は互換います提供しています。アナログ、ユーザは、XLRジャック-3またはチャネル当たり6.3ミリメートルを採用することができます。接続性の面では、デバイスは、BNCコネクタ/アウトで簡単に統合されたRJ45イーサネットインフラストラクチャおよび世界時計です。

デジタル受信機は、送信機の3バージョン(470から558メガヘルツ、550から638 MHzおよび630から718メガヘルツ)で覆われている2つのチャネル幅交換可能な244 MHz帯(MHzの470から714)、で動作します。大きなシステムの場合は、8個の受容体まで容易にアンテナの単一のペアで動作するマルチチャネルシステムのような追加のアンテナスプリッタを必要とせずに直列に接続することができます。システム待ち時間はわずか3ミリ秒です。

何は、そのブランドスペインで配布ゼンハイザーシステムを特徴としている場合 マグネトロン, es su gran fiabilidad. En este caso, la avanzada tecnología True Bit Diversity permite una correcciones de errores en la transmisión e, incluso, el disimulo de errores adicionales de forma inteligente gracias a la función Intelligent Error Concealment.

True Bit Diversity asegura una mejor calidad de recepción que lo que sería posible con otras técnicas basadas en Diversidad (diversity). En ambientes de RF complicados en los que la señal se corrompe temporalmente a tal grado que la corrección de error de la transmisión no puede repararla, la tecnología de disimulo de errores adicionales inteligentes entra en acción. Esta emplea algoritmos de aprendizaje inteligentes para reemplazar la señal corrompida, permitiendo una transmisión impecablemente donde otros sistemas digitales fallarían.

また、6000シリーズデジタルの受信者は、事前に問題を検出するためのリンク品質インジケータが装備されています。彼らはまた、リンク、使用頻度、暗号化やバッテリーの状態、あなたが一目でRF信号の品質をチェックすることを可能にする優しいアイ・OLEDモニターを持っています。

送信機とpetaca

送信機(SKM 6000を)に関しては、それはそれぞれの用途に応じた17種類の音響カプセル(2000デジタル9000、ノイマンKK 205及びKK204 ...)をサポートします。それは複数の送信機にさえ近い相互の完全に無料ですので、しかし、おそらく最も印象的な周波数でのロバスト性があります。

送信機は、9000シリーズの同じ高性能充電式accupacksユニットを使用します。

ベルトパック(SK 6000)については、ゼンハイザーは、軽量かつ堅牢なデジタルフラスコを提示します。その高い帯域幅があっても最も汚染と厳しいRF環境での柔軟性と信頼性を確保します。

SK 6000ボディパックには、クリップオンマイクロフォンMKE 1(無指向性)ゼンハイザーだけでなく、MKE 2(オムニ)とMKE 40(カーディオイド)のデジタル伝送のバージョンで使用するための準備ができています。

これは、フィルタの選択アンテナ周波数はそのためのEM受信機6000に含まれている間に新しい提案ゼンハイザーは、標準アンテナアクティブおよびパッシブUHFで動作することが顕著である、インストール中に既存のアンテナのインフラストラクチャは、まだ使用することができますその結果としてコストの最適化と。

充電ステーション

Para agilizar la producción de eventos en directo, Sennheiser acompaña esta serie con la estación de carga L 6000, con un diseño modular capaz de integrarse en racks de 19 pulgadas (1 RU). Una ventaja es que permite añadir cuantos módulos de carga de baterías de iones de litio sean necesarios (hasta cuatro). Cada uno de estos módulos recarga dos petacas o dos baterías para los transmisores de mano. El usuario puede seguir fácilmente el estado de carga de cada batería gracias a un display Led en color. Además, si desea una información más detallada como ciclos de carga o capacidad restante pueden monitorizarse de forma remota e inalámbrica a través del software Wireless Systems Manager.

最後に、新しい6000シリーズに関しては、それは充電ステーションなど、その生態系全体を、指摘し、システムおよびセットアップをスキャンする可能性とワイヤレスシステムマネージャー(WSM)を経由して、インテリジェントなリモートおよび無線モニタリングを提供しています。その自動周波数設定とソフトウェア制御と監視WSMエンジニアは、監視およびRF技術者の作業を容易にします。

6000シリーズは、ロングレンジモードデジタル9000と互換性があります。また、6000シリーズ送信機は、カメラ受信EK 6042と共に使用することができます。

6000試験シリーズ

Para demostrar las posibilidades de la nueva serie 6000, durante las jornadas de presentación en Hannover Sennheiser organizó en el Pepermint Park de la Expo un concierto protagonizado por la cantante suiza Anna Rossinelli quien deleitó a todos acompañada de guitarra y bajo con un elegante pop-soul. El brillo del audio y la robustez en la transmisión de la serie 6000 sorprendieron a cuantos acudieron a este concierto de la joven cantante que representó a Suiza en 2011 en el Festival de Eurovisión.

Para que el nuevo sistema de microfonía inalámbrica llegue a los usuarios con la máxima garantía, Sennheiser cuenta en sus factorías con los más estrictos procesos de control de calidad. Basta visitar el centro de producción de Hannover para darse cuenta de que la calidad roza la obsesión. Todos los equipos que aquí se fabrican se someten a los más duros controles de estrés en los se ponen a prueba a temperaturas extremas en hornos, se dejan caer una y mil veces o se someten a fuertes vibraciones. Solo aquellos equipos que superan con éxito todas estas duras pruebas llegarán finalmente al mercado.

また、ソリューションにゼンハイザーの開発に、ピーター・クラウセンによって強調されるように、共同作業のエンジニアとユーザーが持つプロセスの俊敏性を損なうことなく、打ち上げ時の最終バージョンの変更...そしてこのすべてを作るために直面​​していますR&Dへの強いコミットメント

技術への彼の貢献は、米国、グラミー賞、エミー賞やAESなど、様々な専門機関によって付与された他の映画芸術科学アカデミーによって授与科学功績賞などの賞と認識されています。

ノイマン、ベルリン、ゼンハイザーコミュニケーションズ:その工場は、ドイツ、アイルランド、メキシコ、グループ内企業のソリューションの広範なポートフォリオを構成するすべてのコンポーネントが製造されているに位置しています。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 2017年2月28日
• セクション: 資金を提供するには, オーディオ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/