スペインの天然資源だけでなく、地球の持続可能な利用とそのエネルギー源の開発の過去、現在と未来が表示されている868平方メートルの面積で、それは、没入型オーディオビジュアルシステム、様々なタイプのを特色にします感覚と同期。

スペイン語文化的アクション(AC / E)、ユニバーサルおよび国際展示にスペインの存在を管理する責任を負う公共団体は、アクシオナプロダクションデザイン(選択しましたAPD)と フラージアルキテクトスでスペインを代表するパビリオンの設計と実装を行うために、 アスタナ国際展2017 (カザフスタン)、9月10日に6月10日から行われます。

また、APDは、テーマ「未来のためのエネルギー」であるこの展覧会の中枢となり、ホスト国として、カザフスタンの2階博物館ナショナルパビリオンの実行を担当します。

スローガンライトモチーフとして具体的には、スペインのパビリオンがあります」スペインは、地球のためのエネルギー」と内容は、気候変動の問題の重要性の普及に注力していきますし、それを防止するための取り組みは、私たちの国で行われています。

この空間過去、現在、スペインの天然資源の搾取の将来的には、8メートルの高さで単一の植物で配布さ868平方メートルの面積、で、それは貫通戻る必要と同様に表示されます技術革新は、責任と持続可能な地球とそのエネルギー資源を治療することができます。

パビリオンの中央空間は、「地球村」の比喩的な表現を表示しますスペインの歴史の異なる時代から家のグループがあり、その周囲に、大きな広場やフォーラムとして設計されます。

訪問者は国の天然資源の搾取の観点から、彼らは偉大な地球村を発見する旅にスペイン国旗を通じて旅に入るだけでなく、責任を持って、地球とそのエネルギー源を治療するために、持続可能性の前提の下で。スペインパビリオンは、ドイツ、モナコ、オランダとともに、北万博アスタナの位置、クラスタC1に配置されます。

カザフスタンの国旗

Por otra parte, APD ha resultado igualmente adjudicataria del desarrollo e implantación museográfica de la primera y segunda planta del Pabellón Nacional de Kazajstán, país anfitrión de la expo, diseñado como una esfera con ocho niveles; cada uno de ellos dedicado a un tipo de energía: hidráulica, del espacio, solar y eólica, biomasa y cinética. En el último nivel se informará a los visitantes sobre el futuro de Astaná, la capital de Kazakstán en 2050.

APDは、国旗が配置されている「スフィア」、に基づいて2400平方メートルの展示エリアの実行、および800平方メートルの面積を持つ水力発電専用のセカンドレベル、担当しています。このパビリオンは、イベントの中枢となり、恒久的なエネルギー、博物館を収容するように設計されています。

国際展示アスタナ2017年には112の状態と(エネルギー分野へのそれらの多くは、専用の)18の国際機関で、6月10日と9月10日の間に130の公式参加を上げ、3以上のものを誘致することを期待します万人。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , ,
によって • 2017年3月6日
• セクション: ケース ・ スタディ, ディスプレイ, イベント

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/