同社は本館2つのレベルに対処します:最初のレベルでの展示エリアを実行します(2400メートル2)、ホスト国カザフスタンに捧げ、第二は、油圧エネルギーに専用の展示エリアを開発します。

アクシオナプロダクションデザイン(APD)、アクシオナグループ会社の子会社は、によって選ばれました SML Sembol建設 カザフスタンの国家館の展示エリアの技術的な操作や実装を行うために アスタナ国際展2017これは、6月10日から9月10日まで一般に公開されます。

「未来エネルギー」は、この展覧会のモットーであり、その目標は、責任を持っかつ効率的に使用しなければならない人間性、固有の資産としてのエネルギーの役割の議論と意識にあります。展示複合体の総面積は、有機七レベルに基づいて、ガラス球の形状に設計されたカザフスタンの国旗が、配置されている本館、周りに分布174ヘクタールを占めます。これらのレベルのそれぞれは、発電のためのさまざまな技術に捧げられています。

どのようにすでに述べた デジタル AV マガジン、展示エリアAPDは、実行の2400メートル2– dedicada a Kazajstán como país anfitrión, que se ubica en el primer nivel, concretamente en la base de la Esfera; así como la exposición situada en el segundo nivel, dedicada a la energía hidráulica. El primer nivel está directamente conectado al área pública de la Expo y se divide en dos grandes zonas. Una de ellas alberga el Pabellón Nacional y la otra está relacionada con los proyectos innovadores de energía que se están implementando en el país.

自然、文化、伝統の美しさを強調領域を探索するカザフスタンは、彼らがより多く使用されるため45x14x7,5メートルのドームの内側に突出大判をvideomappingのショーをホストします50台のレーザープロジェクター。主な視聴覚ショーは訪問者がバイテレクの有名なカザフの神話についての詳細を学ぶことが可能なインタラクティブなイベントと同期されます。

800メートルの総面積を占める「球」の第二レベルの展示エリアの実装にも責任を負います2 訪問者が少ないため、古い工場ハマやレクリエーションワークショップのレプリカからすべてを見つけるでしょうように、水力発電に特化し、APDを活用するための最も革新的な技術に、この領域での水の使用の異なる形を提供しています波及び潮汐エネルギー、将来のエネルギー源としての水の可能性を強調。

APDはまた、868メートルの面積で、アスタナ2017年の国際展示会でスペインパビリオンの展示の設計と実装を行っています2 ここで私たちの国で再生可能な資源の現在と将来の搾取が表示されます。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , ,
によって • 2017年4月18日
• セクション: ケース ・ スタディ, イベント, ビジネス, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/