この研究室のコンポーネントは、他の大学の専門家と共同で、俳優たちが時間内に自分の顔に光を投射することにより化粧を持っていないことができます。このプロトタイプの詳細を提示し、課題は、キャプチャからの待ち時間を減らすことです処理に。

メイクアップは、システムのプロトタイプをランプ顔の外観を変化させる画像プロジェクタと光に基づいて、この場合の俳優に、人間の顔におけるリアルタイムの動的な増加を可能にする最初のものです。研究とアンセルムアミットBermano Grundhofer、研究室のプロジェクトの果実 ディズニー・リサーチ チューリッヒ(スイス)、マーカス・ビレッター、チャルマース工科大学(スウェーデン)と大輔岩井、大阪の大学(日本)とのコラボレーションインチ

その性能の動的な俳優を「補う」ことができ、このシステムの課題の一つは、このプロセスのあらゆる段階での待ち時間されています:キャプチャから加工まで、ディズニー・リサーチが発行した文書が指摘するようにするので、画像は、特定の姿勢に応じて生成され、それが投影されたときに異なる顔の形状で示され、今低下しているまたはほとんど除去されます。

Para ello, Makeup Lamps utiliza iluminación infrarroja, una cámara de alta velocidad y un proyector integrados en una óptica alineada por ordenador para detectar detalles y expresiones faciales, lo que permite sincronizar la lectura del rostro y la proyección de la imagen capturada sobre el mismo.

Los algoritmos de interpretación de esta animación espacial se asignan a un espacio de dimensión inferior, y el movimiento facial y deformación se suavizan, realizando una estimación de todos los parámetros para predecir los cambios en la expresión facial con un filtro adaptativo de Kalman.

Posteriormente es posible crear la apariencia deseada gracias a la interpolación de texturas offset y superponiendo diferentes imágenes en el rostro o reemplazarlo por el de otra persona (face2face), en función del tiempo, la expresión, etc, sin necesidad de marcadores o sensores de seguimiento.


あなたはこの記事が好きでしたか?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2017年5月5日
•セクション: 背景ライティング投影

その他の記事