統合最初の日本の通信会社は、空気、全方位球面スクリーンでながら画像や広告メッセージを示す、これらのUAVで提示します。

によって設計されたこのドローン、 NTTドコモ 球状構造の全方位はストリップのLEDとする出力画像360°飛行中、日本の製造業者によって作られたステートメントにこれまで能力を持つ最初のものです。

具体的には、(約88センチ直径)外枠球面で構成されており、8つのLEDストリップ曲線からなる内部フレームは空気入口を容易にするために中空の内部を残して、上下に延び且つプロペラ。

無人機は、LEDがその軸上で回転下「、急速な水平移動で、フライング残像の効果を形成し、空気中としたフローティング発光球体の錯視を作成しているときに画像またはメッセージが示され分解能の広告は、まだかなり144×136画素で、制限されています。

その全重量3.4キロである。このデバイスは、日本では昨年末4月開催された大会NTT「2017ウルトラ未来館」でアクションで初めて確認されています。

その声明の中で、NTTドコモは、その会計年度が終了する日付と一致、2019年3月からこのドローン球状のLEDディスプレイを商品化する予定と述べました。

動画プレビュー画像


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 2017年5月11日
• セクション: ディスプレイ, ビジネス

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/