解釈コンソールは、電子情報表示は、会議参加者の識別を容易にしながら、演奏に大きな制御と柔軟性を提供するように設計されています。それは座席の分布やグループ参加者の構成を変更し、これを更新することができます。

シュアーブランドが分散 EarPro それは、その製品ラインの会議に新しいコンソールの解釈と対応ISO201009その電子表示を追加しましたし、最初はより大きいコントロールと柔軟性を提供するように設計されてDCS 6000デジタル会議のシステムで使用するために設計されています通訳電子情報ディスプレイは、会議の参加者の識別を容易にします。

La consola de interpretación cuenta con una eficiente configuración del control e incluye una gran pantalla a color, donde muestra la información. También incluye tres canales de lenguaje de salida y ocho botones de relé. Los controles están ubicados siguiendo la lógica y son fáciles de localizar al tacto.

コンソールはまた、視覚障害者用の点字ラベルや聴覚メッセージを含んでいます。ディスプレイは、スピーカーや議題についての情報を言語のチャンネルを表示するように構成することができます。好適な構成設定をロードするUSB​​メモリやNFCカードに保存され、その後、これらの調整で、瞬時に別のコンソールを設定することができます。

読みやすい名前、タイトルまたは他のテキストや画像を表示するために鋭い電子インク表示階調と4ビットを使用して名前を表示する情報表示装置。柔軟性のために、ディスプレイの各辺は異なるテキストを表示することができます。

ユニットは、恒久的に設置または一時的なイベントのためにテーブルの上に置くことができます。デジタル会議システムDCS6000及びSW6000ソフトウェアと共に使用した場合、画面のコンテンツは、参加者がその位置に登録されている識別、DCS-LAN接続を介して自動的に更新することができます。

La señal para mostrar nombres se puede usar con el software SW6000, por sí sola con la unidad de control central DIS-CCU y su interfaz de control basado en navegador, o totalmente sola con otras soluciones microfónicas de Shure, como los sistemas Microflex alámbricos o inalámbricos. En este último caso se puede programar desde un portátil a través de un puerto USB.

「国際会議があるため機器の複雑さやミーティングの複雑なプロトコルの通訳とスタッフのためにストレスになることができます。名前を表示するための表示を更新することができます会議で参加者を識別するための効率的な方法を、提供しながら通訳は、チャンネルの言語を管理し、会議の情報を追跡するためのより簡単に新しいコンソール解釈それは座席の分布やスピーカーのグループの構成を変更すると、「ビル・オークリー、Shureのシニアグローバルプロダクトマネージャーは述べています。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 2017年5月11日
• セクション: AV 会議, コントロール, ディスプレイ

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/