バレンシアの展覧会は、統合スペシャリスト視聴覚インストールRuybesaをした、それを構成する講堂やホール、中にAV機器の革新的な規定で最高潮に達する、2段階に分けて行われ、その技術改装を完了した、競争の中で主要な契約を獲得公共。

第19周年を祝うために約、 パラシオ・デ・コングレソス・デ・バレンシア 彼はによって駆動、野心的なプロジェクトの結果を発表しました バレンシア市庁舎 そして、高度な舞台照明機器、安全、エアコン、サウンドやビデオなどでそのすべての設備を装備し、建物の技術改造のために、年間2016と2017の間に開発されましたすべての種類の大規模なイベントや会議のための最前線にそれを配置するためです。

このプロジェクトは、専門家の視聴覚設備を構成されています Ruybesa, adjudicataria del principal contrato, a través de concurso público, para el suministro y montaje de los equipos audiovisuales en los auditorios y salas que conforman el Palacio de Congresos de Valencia. Esta empresa también realizó la modernización del sistema de iluminación escénica el pasado año, sustituyendo el equipamiento existente por focos con tecnología Led.

Desde el punto de vista comercial, el equipo del Palacio de Congresos de Valencia está trabajando con una cartera de más de quinientos eventos en estos momentos. Buena parte del éxito en la celebración de este tipo de actos se debe a la versatilidad de sus infraestructuras. La singularidad que proporcionó al edificio el diseño de Norman Foster, contribuyó a su elección como Mejor Edificio Europeo por el Royal Institute of British Architects, poco después de su inauguración.

45万ユーロの注入と2016年への投資、後、市議会がもたらした最も先進的なコンベンションセンターの高さ、で、技術的に競争力のあるセンターにこの機能を変換するために、プロジェクトの第二段階に焦点を当てています固定されたAV機器、新しいシステム、開発と最新技術のリニューアル。

Ruybesa ha planteado para esta renovación (más detalles en el cuadro adjunto) soluciones como incluir proyectores láser en todos los espacios (no menos de 5.000 lúmenes); cambiar el sistema de realización a 4K, con cámaras con esta tecnología provistas con zoom óptico 20x (similar al de las cámaras cinematográficas) y gran angular de 24 mm (que ofrece máxima nitidez y reduce los efectos ‘fantasma’ y reflejos), además de incorporar un sistema multicapa Blackmagic para una doble función: realización de cámaras y presentación en directo.

講堂やホールを団結統合ソリューションを提供し、このシステムの使用IP Dicentisボッシュ会議が追加される(この建物は、これまでのところ、その取得スペインのパイオニアである)と同時通訳インテグラのシステムにコンピュータネットワーク。部屋内のコンピュータネットワークに接続、ポータブルラックを設計したインストールまたはインストール前の会議と同時通訳のないものの部屋のために、あなたは、音声の最大の明瞭度を確保し、利用できるブースからの翻訳を受け取りますそして、同じような経験を達成したプレゼンテーションは、顔に顔を議論します。

主講堂では、最大歪みを減少させる新しい電気システムのラインアレイを、組み込まれており、それは、議会でもある点に、全ての時間及び臨場感に最適な音を提供するために、高周波数で高い忠実度を提供しますバレンシア、これまで建物の中にも、この技術で持っている唯一の特殊な会場。

パラシオ・デ・コングレソスデバレンシアに設置されたAV機器

講堂1:

  • 照明システム Equipson照明制御デスク付き Chamsys そして、LEDライト マーク.
  • レーザ投影システム30,000ルーメンのDLPチップとの3 ボート.
  • 4K、マトリックス及び必要な機器に信号をルーティングするシステム エクストロン.
  • イメージングシステム、PTZカメラ DATAVIDEO Y modelos 4K パナソニック AG-UX180EJ。
  • ミキシングや録音システムATEM 2 ProfessionalおよびHyperDeckレコーダー 黒魔術そして、エンコーダ/デコーダDatavideo社製ビデオ。
  • IP会議システムのDicentis ボッシュ.
  • 電気システム D.A.S. オーディオ.
  • マイクシステム ゼンハイザー.
  • ワイヤレスインターホンシステム アルタイル.
  • iPadのを介してシステム制御プロセッサと制御 クレストロン.
  • 書見台を監視するためのデジタルサイネージシステム LG 電子.

講堂2:

  • Equipson照明システム、制御デスクライトとLED ChamSysマークをスポットライト。
  • レーザー投影システム、12,000ルーメンのDLPチップとの3 NEC のディスプレイ.
  • 4Kに信号をルーティングするシステム、マトリックス及び必要な機器エクストロン。
  • イメージングシステム、PTZカメラとモデルDatavideo社パナソニックAG-UX180EJ 4K。
  • 混合及び記録システムATEM 2 ProfessionalおよびブラックマジックHyperDeckレコーダ及びエンコーダ/デコーダDatavideo社製ビデオ。
  • DicentisシステムボッシュIP会議。
  • ゼンハイザーのマイクシステム。
  • ワイヤレスインターホンシステムアルタイル。
  • LGの書見台を監視するためのデジタルサイネージシステム。

講堂3:

  • Equipson照明システム、制御デスクライトとLED ChamSysマークをスポットライト。
  • レーザー投影システム、8,000ルーメンとDLP、5000のルーメン、NECディスプレイ。
  • 4Kに信号をルーティングするシステム、マトリックス及び必要な機器エクストロン。
  • イメージングシステム、PTZカメラとモデルDatavideo社パナソニックAG-UX180EJ 4K。
  • 混合及び記録システムATEM 2 ProfessionalおよびブラックマジックHyperDeckレコーダ及びエンコーダ/デコーダDatavideo社製ビデオ。
  • DicentisシステムボッシュIP会議。
  • ゼンハイザーのマイクシステム。
  • LGの書見台を監視するためのデジタルサイネージシステム。

委員会室、デジタル情報システム:

  • 9つの委員会の客室には、DLPプロジェクターレーザー、5,000ルーメン、NECディスプレイを備えています。
  • 七のデジタルトーテムと統合された流通システムを監視 アバーメディア.

社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
によって •2017年6月9日
• セクション: オーディオ, AV 会議, ケース ・ スタディ, 特集, HIGHLIGHTの深さ, デジタル ・ サイネージ, ディスプレイ, 分配信号, イベント, トレーニング, 照明, ビジネス, 生産, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/