「光の玉」の世界初演、日本の技術、創造的なメディアアートスタジオRhizomatiksは、バルセロナで6月17日までSonarPlantaで見ることができる祭りの歴史の中で最も没入型のショーです。

Sonarplanta 2017 Rhizomatiks phosphere

真鍋大度と石橋素、研究によって指示 Rhizomatiks これは、没入型とインタラクティブ「phosphere」(光の球)作品の世界初演で、SonarPlantaの開口部のための大きな需要となっています。東京を拠点に、彼の研究室の研究は新しいメディア、データ及びその他のR&Dプロジェクトの芸術の分野で技術の新しい芸術的な可能性を探求に専念しているRhizomatiks。その創始者、真鍋大度は、世界で最も有名なデジタルアーティストの一つと考えられています。

インストール「phosphere」主演没入の新しいフォームを作成する上で重要なステップであります ソナー+ D 2017:ここでロボット化ハイブリッドアーキテクチャは、スモークマシン、光線、最大24台のビデオプロジェクターを同期ミラー光に反対し、「宇宙の結晶化を通じてあるだろう印象的な空間体験を構築するために組み合わせます技術。 "

Sonarplanta 2017 Rhizomatiks phosphere

Su nombre de la pieza surge de las palabras griegas ‘phos’ (luz) y ‘sphaíra’ (esfera), de cuya combinación se crea este término de nuevo cuño -‘phosphere’- para definir una experiencia en un espacio cambiante construido por la luz, tal y como señalan sus creadores. Esta experiencia inmersiva e interactiva se genera con un sistema informático que combina dos espacios distintos sobre un mismo plano: el espacio físico de la sala y otro generado digitalmente en el ordenador.

A través de múltiples proyectores de vídeo, espejos y una meticulosa tecnología de cálculo óptico, ambas dimensiones se sincronizan para generar una experiencia visual nueva a partir de la geometría en movimiento de todos los elementos. Como señalan sus creadores, “phosphere propone una nueva forma de estereoscopía a partir de un efecto que podríamos llamar ‘espacio cristalizado’, en analogía con las estructuras visuales y espaciales que crean algunos minerales, cuyos diseños superan la imaginación humana”.

作業は、プラントプロジェクトが一部で地質学の世界を参照して、物理的な空間で、特定の鉱物の結晶化の過程を再現するために最先端のデジタル技術を通じて、このプロセスを複製します 財団Sorigué Balaguer(レリダ)、技術とメディアアートの周りの創造的な言語の研究と実験を促進するために2014年に始まったソナーとの共同イニシアチブ。

Sonarplanta 2017 Rhizomatiks phosphere


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , , ,
によって • 2017年6月16日
• セクション: ケース ・ スタディ, イベント, 照明, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/