プロジェクトの設計と実行は、マッピング、照明や花火360度の技術の下で作られた三次元効果を持つ投影を提供するアクシオナプロダクション・デザインにより行いました。これを行うために、我々は、22,000ルーメン、それぞれ、32のモバイルライトの照明の10台のプロジェクターを使用し、40,000 Wの総電力で4つの塔を鳴らします

アクシオナFuegosアポストル2017

今夜は彼がサンティアゴ・デ・コンポステーラのパトロンの饗宴のためのお祝いを開始使徒の火災からの視聴覚と花火を迎えます。 アクシオナ プロダクションとデザイン 同社は今年、マッピング、照明や花火360度の技術の下で作られた三次元効果の予測を組み込む予定され、そのデザインと実行のために選択されています。

使徒の火災は、22時30分及び23で、25および26をプラザデルオブラドイロにRaxoiのファサードに23:30で今夜を見て、そして(ただし花火せず)を繰り返すことができます30。 5000人の以上の観客を前の版に基づく推計によると、このショーに出席することが期待されています。

アクシオナプロダクション・デザインは10台のビデオプロジェクターは、22,000ルーメンそれぞれ、32個のモバイル照明電球360度40,000 Wの総電力と4つの音塔、没入感や視覚効果を生成するために使用されています

アクシオナFuegosアポストル2017

Este año, el espectáculo pondrá el acento en la tradiciones de la ciudad, para lo que ahondará en los orígenes de la celebración de la festividad de Santiago recordando las Fiestas del Cendal, que hasta finales del siglo XVII fueron la manera popular de celebrar las fiestas en honor del apóstol Santiago. El Camino de Santiago tendrá también un importante protagonismo, mostrando diferentes representaciones del Apóstol a lo largo de la historia del arte por todo el mundo. Asimismo, personajes ilustres de la ciudad formarán parte de la narración, a modo de homenaje, y se rescatarán los diseños de fachadas efímeras que servían para decorado en la tradicional quema de la fachada.

提案アクシオナプロダクション・デザインは毎年いつものように、花火が約18分続くとずっとから見えるようになる、アラメダのスペイン階段南キャンパスから7月31日に示し、含み街。

アクシオナFuegosアポストル2017

このようなプロジェクトはアクシオナは「文化エンジニアリング」、彼らの関心を高めるために、歴史、伝統と都市や場所の値を伝送するための視覚と知覚技術を置くことであるコンセプトと呼ばれるものの一部です。

また、そのすべての活動においてアクシオナを行い、持続可能性への総合的な取り組みの結果、前の年のように、イベントは、「カーボンニュートラル」になります。つまり、これに関連するCO2排出量が計算され、最終的なバランスがゼロエミッションで取得し、クリーンエネルギープロジェクトに補償されます。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 2017年7月24日
• セクション: オーディオ, ケース ・ スタディ, 照明, 投影

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/