欧州と米国の彼のツアーでは、彼らは10人のミュージシャンで構成さあなたの声や自分のバンドのための同じブランドの他のモデルへの音のためにAE6100ハイパーダイナミックマイクを使用されています。モニターの管理は、ミキシングシステムdLive Sクラスで行いました。

オーディオテクニカのyアレンHealtブライアン・フェリー

Durante su extensa gira, en la que ha encabezado carteles en actuaciones y festivales en toda Europa y Estados Unidos, Bryan Ferry ha confiado en los micrófonos dinámicos hipercardioides AE6100 de Audio-Technica para sonorizar su voz y otros modelos de la misma marca para su banda, compuesta de diez músicos. La gestión de los monitores se ha realizado con un sistema de mezcla dLive S Class de アレン ・ ヒース、ブランドを配布します オーディオ テクニカ.

オーディオテクニカのyアレンHealtブライアン・フェリー“El AE6100 impresionó a Bryan tan pronto como empezó a utilizarlo durante los ensayos. Es casi como uno de condensador, en cuanto a la amplitud de su sonido. Pero gracias a su patrón de captación hipercardioide, se minimiza la realimentación acústica. Estamos utilizando dos unidades, una para la voz principal y otro en la posición de su teclado. También contamos con el nuevo micrófono cardioide de condensador ATM350a de Audio-Technica para los toms y los saxofones”, explica Tom Howat, ingeniero de monitores.

ヨーロッパではブリタニア行プロダクションと米国内クレアブラザーズから供給される、Howatが使用するdLiveシステムはDM64 MixRack DX32拡張ラックとリモートアクセスIP8用の2つのコントローラとS5000面によって形成されています。

(最近でV1.4とV1.5)ファームウェアの最新のアップデートはHowatが公演中にブライアンのミックスに集中有効にしている新機能を提供してきました。すべてのボイスで最も楽器で16Tとピークリミッタ76:Dyn8、FXおよびモデリング4個のサックス単位でバルブの前やコンプレッサーの広い範囲を使用してください。

「再び私はIP8のドライバを使用しました。私は、主表面変化にブライアンの混合物を維持しながら、私が較正混合物の他のミュージシャンを行うことが許可され、モニタコンソールと、ワン接続しました。第IP8はFOHは、6つの入力フェーダ・バンクにマッピングされ、ほとんどのチャネルを示すプリフェーダーステレオミックスに寄与するためのバックアップシステムとして使用されてきた、「Howatは終了します。

オーディオテクニカのyアレンHealtブライアン・フェリー


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 2017年7月28日
• セクション: オーディオ, ケース ・ スタディ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/