東京の大学からのエンジニアのチームによって開発された、AquaTop 表示は"画面"に手を入れて、さまざまな感覚を体験できるインタラクティブなディスプレイとして水を使用して投影システムです。

Aquatop 表示

グラフィック会議 Siggraph 2013 コンピューターの最新版で表示、AquaTop 表示が投影システムいくつかのエンジニアによって開発東京大学大学院電子通信、特に小池、その研究室従来型のインタラクティブなディスプレイとして、水の中の相互作用を提供しています。

Aquatop 表示AquaTop 表示は、スプレッドシートあるいは電子メールで映画やゲームを水が不透明な粉で覆われている、に基づいてカメラと深度センサーを使用して表面の水を使用してから、投影の異なる内容にすることができます。 マイクロソフト 水の上のユーザーの動きを検出する Kinect。

彼の革新の 1 つは AquaTop 表示ドラッグする水であなたの手を置くことが可能で、タッチ ユーザーの動き中には、水の表面の両方を認識する専用のオペレーティング システムが自慢画像「ドラッグ ・ ドロップ水機能または削除オブジェクト シンク手それに反映されます。

Aquatop 表示また耐水性と、手の動きを制御し、追加も Kinect センサーと赤外線カメラ、プロジェクター (白くなる) 水の色素沈着と制御コンピューターの 2 つのスピーカーを搭載、Led 照明システム。

現時点では、AquaTop 表示です、プロトタイプとなるが、新しいより直感的なユーザー インターフェイスを統合する開発と没入型初期マーケティング市場を予測します。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 19 Aug, 2013
•セクション: 表示投影

その他の記事