Cisco ライブ 2014 年、この多国籍の専門ネットワークは MiCo のミラノ (イタリア) の会議の中心に ICT 部門の専門家の何千も最近集めているイベントのお祝いを持って設計、XL ビデオ プロバイダー供給の 4 日の間に音響ソリューション、イメージング コントロールをサポートします。

XL ビデオ シスコ ライブ 2014 ミラノ写真が Ebsworth バーンズです。

XL ビデオ se ha encargado del suministro, diseño y soporte de una amplia gama de soluciones audiovisuales, incluyendo una pantalla de proyección de 60 metros y displays de gran formato LED; cámaras / PPU y equipo de control durante los cuatro días en los que se ha celebrado el evento anual de la multinacional シスコ呼ばれる Live 2014, que ha tenido lugar en el centro de congresos MiCo de la ciudad italiana de Milán y en el que ha contado con la colaboración de los productores de eventos George P. Johnson

Para este proyecto, el equipo de XL Video, gestionado por Nick Askew y Steve Greetham, ha colaborado estrechamente con Ben Hawkins, Dave Johnstone y John Carss, de la productora George P. Johnson, para diseñar el sistema de proyección para las sesiones plenarias que se celebraban en el auditorio del MiCo, con capacidad para 3.100 personas, y coordinar el equipamiento y logística de sistemas audiovisuales, pantallas, proyección y control de otras 37 áreas disponibles para este evento.

XL ビデオ シスコ ライブ 2014 ミラノ写真が Ebsworth バーンズです。

Para el equipamiento del auditorio se utilizó una impresionante pantalla de proyección total de 60 metros, dividida en los extremos izquierdo y derecho e inclinadas suavemente hacia el público asistente, dejando en el frente tres podios de presentación para los ponentes de Cisco Live 2014.

Diez proyectores del modelo HDF-W26 de la firma belga ボート se encargaban de crear la imagen en esta gran pantalla, que se ejecutaban en cinco pares (copia de seguridad activa y caliente) desde el área de control de la sala, y cuyo borde de mezclaba conjuntamente con el sistema de gestión de pantalla Encore ライブで制御するカメラとさまざまな形式 (PowerPoint、基調講演、PlaybackPro など) を表示する出力、表面を横切っても単一のイメージを作成。

本番

XL ビデオ シスコ ライブ 2014 ミラノ写真が Ebsworth バーンズです。

画面のメディアの再生は軽い、柔軟なオーディオの再生と同期するためにテーブル全体のビデオのすべての要素のスケジュール、どのトラックがコンソール grandMA2 を介して管理触媒 XL で実施されました。それはまたアンコール システムにうんざり。

本会議は、5 台の HD カメラのおかげでライブに続くことができます。 ソニー HXC 100 XL ビデオ、x 70; のレンズが装備講堂の後部で 2 つの分散によって提供されます。ステージ、およびリモート カメラの前面に、ドリーの別のペアに位置しています ブラッドリー カム ボール 2。これらのシステムで導入された、 パナソニック HS450 PPU シスコ テレビ パナソニック HS400 PPU をインターネット上の伝送のための独立したサブミックスの提供中に、混合物を刻んでします。

4 つの場所を取った録音セッション アジャ Ki 担当者は、8 台のモニターと一緒にこのシステムは、モジュラー マトリックス Lightware MX - FR33R SDI と DVI の一部であった-私/O と繊維システム Lightware

複数デバイスの接続

XL ビデオ シスコ ライブ 2014 ミラノ写真が Ebsworth の Barness

Para integrar una ‘segunda pantalla’ en las sesiones plenarias, XL Video contactó con Matt Mapleston para crear un sistema que se comunicara con los dispositivos de los asistentes, conectado a la red WiFi en la web de Cisco, y que permitió el envío de mensajes, imágenes, animaciones, vídeos, etc. a los miles de dispositivos conectados durante el evento.

Los delegados presentes en la sala plenaria o auditorio se conectaban a Cisco WiFi que dirigía a una dirección IP específica a través de su navegador web, y durante la sesión de apertura se mostraban en la pantalla principal imágenes enviadas por los dispositivos, adaptándose automáticamente a la resolución y la orientación del dispositivo conectado (tablet, smartphone,…). Este sistema también se utilizó para mostrar las diapositivas de las presentaciones sobre los mismos dispositivos personales.

XL Video Cisco Live 2014 Milan Photo Sean Ebsworth Barnes

Cisco ライブ 2014 のお祝いのために予約の非公式の会合の 37 室、XL ビデオ会社パナソニック、猫としての飼育猫 37 DVI で新しいシステム Lightware HDBaseT DVI を使用して (6 と 20 K) 36 スポット ライトを供給しています。Cisco エンコーダーによってプレゼンテーションにアクセスが出席者を許可しました。

ラウンジ 80 快適モニターと共に、47 に 90 インチのモニターのスコアに恵まれているが、すべての約 50 のボート イメージ Pro II と 10 登山ボート PDS 902 形式します。

XL ビデオも LED 表示 11、5 × 3 m メーカーからの供給に責任があった 不在の それはこのイベントに参加者を歓迎するために使用します。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 20 Feb, 2014
•セクション: ストレージケーススタディコントロールHIGHLIGHTケーススタディSPOTLIGHT電子看板表示看板の配布イベントトレーニングビジネス生産投影ネットワーキング

その他の記事