メーカー液晶表示システムは、正式に1000の明るさのニット、アムステルダムRAIでそのスタンドの需要の一つである27.3インチの対角線と、ISE 2015の液晶画面の正方形フォーマットで発表しました。

Crystal Display:液晶ディスプレイスクエアISE2015

スクエアフォーマットの表示が提案され 液晶表示システム (CDS)だけで導入 ISA 2015(8スタンド-M252);千のニット、白の明るさを持つLCDも直射日光に最大の視認性のために店の窓を含め、多くの環境やアプリケーションにインストールするためのLEDバックライト。

9、3000のコントラスト比:1と小売環境で使用するための垂直方向と水平方向の178度の視野角この正方形ディスプレイ8のアスペクト比で、945×1080の解像度を持ちます、美術館やデジタル情報メニューと動的な広告を表示したい企業。

企業ミーティングや会議のための最新の開発の1のスペースでは、それも存在している:10の同時タッチまで可能にし、自動温度制御センサーを統合した70インチマルチタッチモニタCDS-700SLT、。

ISE 2015への特別アクセス


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 11 Feb, 2015
•セクション: 電子看板表示イベントダイナミック広告

その他の記事