これらの 2 つの撮像技術を常に容易ではないとの間を選択します。各アプリケーションに最適なオプションを選択するこのプラットフォームに関する詳細情報で監督マルコス ・ フェルナンデス、スペインとポルトガルは、クリスティのディレクターをもたらします。

クリスティ H シリーズ 1DLP

我々 がそれを必要とする何をクリアされていない場合にプロジェクターを選ぶは簡単です。多くのプロジェクター仕様シートで再現、私たちはもっとまたはより少なく等しいようです。ただし、その操作と生成されるイメージの品質せることが完全に異なる。

これらの違いのための理論的根拠は、LCD (液晶ディスプレイ)、LCoS (シリコン液晶) または DLP (デジタル ライト処理) ことができる基になる技術であります。少し外独自の DLP がある 2 種類ある場合: チップと 3 チップ。

El DLP de tres chips es ampliamente considerado como ‘lo más de lo más’ en cuanto a calidad de imagen y estándares de proyección. Sin embargo, en el caso de aplicaciones que no persigan lo máximo en ningún aspecto de funcionamiento concreto suele bastar con modelos DLP de un solo chip o de tecnología LCD. En este artículo ofrecemos información dirigida a ayudarle a elegir entre las dos tecnologías, tanto si con su aplicación busca la proyección de datos como si lo que desea es el visionado de vídeos, o las dos cosas.

LWU701-D-142 LCD

El ‘abc’ del DLP

すべての DLP プロジェクターは、内部チップ DMD (デジタル マイクロ ミラー デバイス) は、投影されたイメージの各ピクセル用ミラー付き顕微鏡サイズの四角い鏡で覆われています。

すべてのミラーを 2 つの異なる角度の回転: 明るいピクセルを作成する画面の; そうでレンズを通してプロジェクターのランプからの光を反射する角度・光とレンズからの距離を反映して別の角度、光が、画面上の暗いピクセルを吸収し内部の要素。中間グレー色相を表示するには、すべてのミラーに回/秒の両方の角度の何千もの間高速で回転します。

単独で、DLP チップを形成する画像は、黒と白で見られます。生成する画像を色では、通常 2 つの方法を使用して: チップまたは 3 つのチップ。後者は、各原色 (赤、緑、青) 単一のイメージを生成する光学的に収束するため、DMD を使用します。

シングル チップのアプローチは DLP チップを使用する制限は、ランプと DMD チップ高速で回転し、カラー ホイールと呼ばれるディスク間にある通常。

L2K1000 液晶

カラー ホイールは、カラー フィルターを含むいくつかの分野に分かれています。最小値は、赤、青と緑は。一部のプロジェクターは、光の生産を後押しする白いセグメントを追加、他は黄色やシアン、マゼンタを組み込みます。

さまざまな組み合わせで追加すると、3 つの色は豊かでカラフルな画像を作成します。ホイール、各色のライトをオンに立て続けにサイクルの DLP チップを毎秒数回繰り返します。DLP チップに表示されている画像も赤、緑、青のホイールとの同期の間情報のサイクルを完了します。色があなたのサイクル目にフルカラー画像を認識できるように十分な速度に高いです。

チップからいくつかの DLP プロジェクターはランプ、Led (発光ダイオード) や Led とレーザーの組み合わせの代わりに使用します。いくつかはこれらのモデルのカラーしないでください必要がありますサイクル色ホイール、電子的にこのタスクを実行します。

クリスティと考え NiallFerguson の投影

液晶の原理

液晶プロジェクターは、液晶、それを送信する設計、光を反射する、されているより多くのいくつかの小さなパネルを使用します。彼らは一般的に 3 つのパネルがあり、各色の 1 つを使用します。いくつかのプロジェクターの使用第 4 パネルの色再現性の向上します。

彼らのそれぞれのパネルでそれらをチャネリングし、分かれてプロジェクター ホワイトの 3 色 (赤、緑、青) にランプからの光の中の光フィルターのコンポーネント。イメージは、各ピクセルに立て続けに送られる電気的信号 (電圧) を変えることによってパネルに形成されます。

その結果、液晶パネル、作成画面に明るいピクセルあたりの光の透過いずれか、による光吸収パネルは、画面の暗いピクセルを作成します。赤、緑、青のパネルを囲むプリズムにより、画面の同じ場所にすべての結果として得られる画像を投影することを。

クリスティ H シリーズ 1DLP

Un chip vs. LCD: ¿datos o contenido de vídeo?

Al escoger un proyector para una aplicación concreta es importante plantearnos qué tipo de contenido vamos a mostrar principalmente. ¿Consistirá sobre todo en datos para presentaciones, en reproducciones de vídeo, o en una combinación de las dos cosas?

Tanto los proyectores DLP de un chip como los LCD son aptos para los dos tipos de contenido. Sin embargo, si nuestra necesidad principal es la proyección de datos querremos contar con el mayor brillo que podamos permitirnos con un presupuesto dado. En ese sentido, un proyector DLP de un chip concebido para instalaciones fijas será probablemente la mejor opción.

Si, por el contrario, nuestras necesidades se centran en la proyección de vídeo, la reproducción de color deberá ser impecable, por lo que la diferencia entre un proyector DLP de un chip y un modelo LCD apropiado será mínima.

Proyectores Christie en Imginarium

Calidad de imagen

En la actualidad, y dentro de un rango de precio similar, no hay demasiada diferencia en calidad de imagen o en brillo entre un proyector DLP de un chip y un proyector LCD. Dicho esto, siguen unas cuantas características distintivas que conviene conocer:

Reproducción de color: プロジェクターのすべてのデザインを犠牲に投影色の深さのために輝くまたはそれ以外の場合。側面のオプションは他の犠牲にしていない必然的に行きます。結果は一部のプロジェクターの色が深いまたは他をその応用によって何が正確です。

典型的な商業やビジネス プレゼンテーションは明るい照明条件を必要があります。その一方で、我々 の必要があるデータやブランドの基準を確認する場合は、色の精度ビデオ投影の前提条件になっても、優先順位になります。

Por regla general, los proyectores LCD se sitúan en un término medio, mostrando unos colores aceptables en relación con el brillo que proyectan, mientras que los que se destinan principalmente al visionado de vídeo sacrifican algo de proyección lumínica en aras de un mejor cromatismo.

Los proyectores DLP de un chip cubren un espectro mayor, que va de los modelos para presentaciones con colores simplemente adecuados a su función, a modelos con gran calidad de color pensados para vídeo. Algunos proyectores DLP de un chip ofrecen la opción de seleccionar en los ajustes de reproducción un brillo óptimo o una mayor precisión en el color.

会議室プロジェクター クリスティ iGuzzini

Velocidad de ciclo de color: チップ DLP の場合プロジェクターによると同様、ソフトウェアの設定によっては、色の循環の速度が異なる場合があります。プレゼンテーション モデル色の速度は、ビデオの表示に主に運命でより遅くなる傾向があります。

そのため、一部の視聴者はいくつかの写真を感知つかの間の色とりどりのトレース (レインボー) の明るいオブジェクトの場合、特にそれらのオブジェクトが動き。ただし、これらのデバイスの認識は人によって異なります。

ピクセルの表示/非表示: 液晶プロジェクターは、ピクセル間の大きい距離を持っている、DLP プロジェクター、なりより表示されます画像の視力の結果として減少と分離何か状況、プレゼンテーションの多くの重要性を行っていますがビデオを見るために重要なことです。だからこそ、DLP の画像と見なされますより '映画' 液晶画像です。

収束性の欠如: 収束の欠如は、液晶画像で気づいたことができる効果を指す用語: 水平および垂直の線の色のストリップします。効果は、お互い 3 つの液晶パネルの画像を保持する必要があります配置が十分に正確ではない場合に発生します。メーカーは、それを最小限に抑えるためにあらゆる努力をする、収束の不足いくつかの液晶プロジェクターに影響を与えるし続けています。

一方で、チップ DLP プロジェクターは、収束の欠如の問題から解放されます順番に、3 つの色を示すユニークな創造的なチップ画像チップ DLP プロジェクターを設計されています。

LWU501i 液晶

信頼性はどうですか。

信頼性、パフォーマンス、および 2 つの技術は、液晶と DLP チップと同じぐらい大事、その面でよく仕事。

過去には、液晶プロジェクターはランプから浸透紫外線 (UV) の進歩的な分解のため失敗します。

無機配向膜と呼ばれる、独自の液晶パネルで動作する新しい技術は紫外線によるダメージに対する液晶の保護を強化する重要な前進を意味しているまだ、解決策はなしです。24/7 のアプリケーションに最適であります。

残像は液晶の問題です。液晶プロジェクターまたはフラット パネルは、長時間静止画像を表示する場合、液晶はポスト Imagen 効果、既に画面が新しい内容で表示される静止画像のファントム画像の種類を維持する傾向があります。

この種の操作 (続き) 操作を必要とするアプリケーションに特に深刻なことができる問題のリスクのほとんどの LCD メーカーが警告する 24/7、画像保持の可能性が高まります。24/7 操作 DLP プロジェクター オプションお勧めはる必要がある場合。

クリスティ DHD600 G 1DLP

チップ DLP

DLP の場合考えることができる完全なモバイル ミラー DMD チップは、それ自体の力学および動きによって信頼性が低かった。ただし、ミラーは可動要素が、彼らは運動に関与する力が重要ではないので小さなです。長年にわたって実施テストは、DLP チップを高い信頼性と長寿命が示されています。

DLP の技術の主な利点は、むしろ内部で黒を生成する撮像素子で光を吸収しよりミラー デバイス (DMD) オウムの画像熱応力軽減 '吸収' の内なる光に光をリダイレクトする限られました。その人生の実装かなりサイクルします。

ランプ ベース チップ DLP プロジェクターによって生成される別の伝統的な懸念は、カラー ホイールを回転させるモーターから派生です。それはエンジンと同様のハード ドライブの高い信頼性を証明しています。

信頼性に関しては、留意すべきもう一つの側面は黒い斑点や色の歪みの形で画面によく見受けられるパネルの可能な汚染を除去するため光学系をチップ製品にシールです。その一方で、液晶プロジェクターがクリーニングを必要とすることはまれです。

結論として、チップ プロジェクター DLP、液晶プロジェクターは、アプリケーションの広い範囲で大きな価値を提供しています。特定の価格範囲で任意の技術を用いた製品はパフォーマンスと操作の結果に類似する傾向があります。

Sin embargo, aunque existen diferencias fundamentales entre las dos tecnologías, hay aplicaciones que, dependiendo del contenido -datos o vídeo, calidad de imagen y fiabilidad-, se ajustan mejor a una que a otra. En este artículo hemos resumido la información más relevante para ayudarle a elegir la mejor opción para sus necesidades de aplicación.

Marcos-Fernandez-Christieマルコス・フェルナンデス

ディレクター クリスティ スペイン、ポルトガル


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 9 Sep, 2015
•セクション: 投影グランドスタンド