このソリューションは、商業施設、美術館、レストランで使用するためのレーザ光源の照明ソリューションで、従来のビデオプロジェクターの機能が組み込まれています。

パナソニックスペースプレイヤー博物館

スペースPlayerは初のハイブリッドデバイスです パナソニック 統合照明機能及びレーザ投影設置作業を容易にするために単一のケーブルを介して標準レール照明に固定し、デバイスを再配置された単一の焦点を、設計します。

同社は欧州市場で初めて示されたこのシステムは、 ISA 2015(詳細で デジタルAVマガジン)の製品を強調すると同時に、特定のテキストを投影し、ショップ、美術館、レストランなどで世間の注目を引き付けるために、照明、投影とアニメーションを組み合わせます。

パナソニックスペースプレイヤーPT-JW130

具体的には、宇宙プレーヤーの画像が水平軸の下のすべての方向に投影することができます。また、それはあなたがSD、PCとコンテンツのソースとしてトランプタブレットを使用することができます。また、レーザ光源を使用することは、メンテナンスなし2万運転時間まで保証します。

Como señala Hartmut Kulessa, director de marketing de proyectores para Europa de este fabricante, “Panasonic quiere crear un nuevo mercado en torno a la iluminación basada en proyecciones de vídeo. Space Player permite crear desde atractivas exposiciones en museos, mediante el uso de imágenes en movimiento en lugar de gráficos estáticos, hasta un ambiente rompedor y vanguardista en un restaurante con la proyección del menú en una pared o en una mesa”.

スペースプレイヤーはこれらのアイデアは、既存の照明インフラストラクチャに簡単に統合することを可能にし、印象的な視覚的な環境を作成するための経済的かつ簡単な方法を提供しています。 2400ユーロの価格で市場で既に利用可能なこの装置は、ブラック(PT-JW130GBE)およびブランク(PT-JW130GWE)で入手可能です。

パナソニックスペースPlayerの小売


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 30 Sep, 2015
•セクション: 背景ライティング投影

その他の記事