8 プロジェクター クリスティ ロードスター HD18K と HD20K J 15 × 20 メートルのまずまずの地上 4 メートル観客のレベルの下に位置するスクリーニングを実行するために責任があったおよび俳優の記録ずみのビデオの内容を結合します。彼らは体内対話します。

クリスティ エネルギー スペース

すべての年、フラウンホーファー応用科学に専念してヨーロッパで最大の組織、その成果を通して彼ら自身を区別している 4 つの研究チームに報酬を与えます。フラウンホーファー 2014年授賞式 'の新エネルギー」のスローガンのもと開催され、エネルギーと革新間の相互作用。

研究と政策金融の世界から、このイベントで 700 人、フライブルク ・ コンツェルトハウスで会ったし、まずまず地上 15 x 20 メートルの高度な投影を示したショーを楽しむことができました聴衆のレベルの下のわずか 4 メートル。

'エネルギー空間' と呼ばれるこのショーのステージングを組み合わせてビデオ録音およびインタラクティブ コンテンツ、ライブ俳優の参加。研究プロジェクトのアプローチに非常に芸術的な方法は、投影の周辺公衆に発表されました。

クリスティ エネルギー スペース

デザインとインタラクティブなショーのステージングが会社の仕事 Onliveline、インタラクティブなコンテンツとビデオ コンテンツの制作のハインツ ・ ストリッカー (ave3) 担当 Freider ワイスと。パートナー クリスティb.Mediaそれはロードスター HD18K と HD20K j. 8 つのプロジェクターを使用して複雑なプロジェクトを視覚的に解釈されました。

これらのチームは、11 メートルに位置するサスペンション部品で掛けられましたし、対話型のリモート コントロールを使ってコンテンツにワイヤレスで接続されています。床の突起部がソフトのプロセスを単一のシナリオに溶かし 3 のさまざまな分野に分かれていたエッジ (ぼかし)。ロードスター HD18K、ダブルの突起を作成するこれらのセクション 2 台のプロジェクターのそれぞれは何だったおかげで各チームが独自の信号は、各画像を個別に調整することが可能でした。

他の 2 台のロードスター HD20K J のプロジェクターは、俳優の動きに対応したインタラクティブ メディア システムの一部として使用されました。

クリスティ エネルギー スペース

「トップダウンからコンテンツの投影に住んでこのインストールの難しさ」。チームはプロジェクターやキセノン ランプで空気の循環に問題が発生、障壁となしのプロジェクトにある、"ロニー Zielke、b.Media の最高経営責任者について説明します。

HD18K と HD20K J モデルが完全に信頼できると何がこのプロジェクトのために適切では干渉はありません。さらに、それが来るとき、3DLP プロジェクターは困難で複雑な投影の表面、明るく魅力的な色にして、達成するために必要なライトを作り出します。

Zielke の意見では、追加された難易度でインストールしたら最終的な場所可能性があります入れていない調整の任意の種類として 11 メートル、地面からプロジェクターを管理する必要があるのだっただからこそ、地面に光を調整して、必要な高さから投影画像をスーパーイン ポーズしていたコンテンツの演算子です。

クリスティ エネルギー スペース

無線ローカル エリア ネットワークと PC では、制御ソフトウェアに使用されたものに、地面からプロジェクターを管理しなければならなかったそれレンズの変更は、メディア プログラミングでは細かなバリエーションを修正しました。

La complejidad de la inusual proyección obligó a b.Media a ensayar la instalación del dispositivo en su propio laboratorio de pruebas, un trabajo que llevó a cabo en colaboración con la agencia encargada de ejecutar el proyecto.

Este concepto de onliveline ha cosechado diferentes premios, incluido el Famab de Oro en la categoría al Mejor Evento Corporativo, un oro al Mejor Evento Europeo en la categoría B2B y un premio especial a la Mejor Innovación Técnica.

クリスティ エネルギー スペース

Muro de imágenes de 6 metros

Además de esta espectacular proyección, en la Conferencia Anual de Fraunhofer también se realizó otra con dos proyectores Roadster HD12K.

Sobre un muro de imágenes de seis metros por encima del atril del orador los espectadores pudieron contemplar imágenes en vivo de la entrega de premios, detalles sobre los proyectos presentados y entrevistas con todos los ganadores.

Para la proyección se emplearon dos cámaras HD y lentes con amplificación 42x y 87x, así como una cámara inalámbrica HD dotada de un objetivo gran angular que iba moviéndose por todo el auditorio para mostrar lo que ocurría en la sala y las entrevistas que se iban sucediendo.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 19 Nov, 2015
•セクション: 背景ケーススタディコントロールHIGHLIGHTイベント生産投影

その他の記事