開発されたアプリケーション T システム センターの仮想現実可能ですが、画像の認識を介してモデルを配置 3 D で患者に。操作の前に、これは意思決定の医療スタッフを助けます。

病院聖母ロシオ拡張現実感システム T

共同で ジギタリス健康ビルヘン デル ロシオ病院が患者の体をガラスの画面で 3 D モデルとして表示することができます拡張現実感 T システムのアプリケーションを実装します。 エプソン Moverio は、患者の体内でそれを表す。

この技術は、仮想現実センターで開発されているの T システム3 D 医療用画像のイニシアチブの一部です。

セビリアの中心部に拡張現実感プロジェクトの使用により専門医現実的に行われる手術の最初の近似介入の計画と意思決定のプロセスを支援以前、外科的介入時と同様。

エプソン Moverio BT-300プロジェクトは、いくつかの段階の開発です。最初に、それぞれの患者の特定の要件の場合は後で医用画像 (Dicom) のデザインを定義して識別されます。

La obtención de la imagen médica se realiza y valida en el Instituto de Biomedicina de Sevilla (NAS) y, a partir de este punto, se inicia la preparación del modelo tridimensional del órgano y se carga en el software específico del sistema, VirSSPA.

Entre las capacidades de la solución de T-Systems se incluye la segmentación de la parte del corazón a estudiar, la limpieza de geometría, la reducción de polígonos y su exportación a un formato compatible con el software de visualización.

La solución de realidad aumentada de T-Systems aumenta la seguridad, eficiencia y fiabilidad para el paciente, pero también la cantidad de información disponible para el médico.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 9 Jun, 2016
•セクション: 表示拡張現実健康

その他の記事