ラスベガスが発生した場合に見られる粘土 Paky の Scenius Un1Co から最新のソフトウェア MA 照明、コンソールなどの Gio@5 を通過、導いた喝采 E 260WW ショーベ IP をクリッピングします。

MA照明consolas

の一環として、 LDI (ライブ デザイン国際) 2016 年ラスベガスで 10 月 23 日に 17 日から開催されました。 粘土 PakyショーベなどMA照明、ブランドによってスペインで表される Stonexプロの照明の彼らの最新の賭けを提示しました。

したがって、参加者が通過する革新的なマサチューセッツ州の照明の最新のソフトウェアで粘土 Paky の Scenius Un1Co から見ることができるイベントなど Gio@5 と導いた喝采 E 260WW ショーベ IP をクリッピングのコンソールです。

新しいブランド イメージ、汎用性の高い Scenius Un1Co と驚く粘土 Paky のプレゼンテーションとともに一緒にもたらすチームはスポット、ビームを洗うと単一のデバイスのプロファイルし、Scenius 家族を区別する特性の残りの部分を追加します。

そのプロジェクトの高 cri · ミドル, と提供しています効果のさまざまな光の質の目立つ多機能ランプです。イベントの固定のインストール、デバイスの汎用性が大幅に削減に変換便利なツール。

また、同じ光学性能や速度、加速度と携帯ミラーを提供することができますだけ敏捷性と共に、ムービング ヘッドにグラフィック効果を提供する Spheriscan のスキャナーにも参加。

ショーベ オベーション E260wwip

ショーベ

光出力が 750 w tungstenos に優れたクリッピングを導いた喝采 E 260WW IP は、ショーベ フェアに出席したノベルティの一つです。非常に滑らかな調光への移行と同様に、ERS スタイル アクセサリーのおかげで暖かい白を提供できます。さらに、それは IP65、外にインストールする理想的なツールとなります。

LDI を示した別の新しいショーベだった不正な R3 洗浄、均等に分散されているし、コントロールのピクセルの 9 エリアの明るい光を発する。それはその 12-49 ° ズームのおかげで大きなカバー空中の能力があり、色の滑らかなブレンドを生成します。

コロラド 2 は、高速で滑らかなズーム光学系を通して均一なビームを投影するのに 3 つの 40 w RGBW エンジンをのみ使用します。その特性では、信頼性の高いパフォーマンスとサイレントの内装と外装の両方の器具です。

ETC Gio5

など

LDI はソース 4 WRDretrofit、新しい ColorSource 線形の Led バー アクセサリーまたはコンソール Gio@5 として革新的機能を表示する等の方法により選ばれた会場でした。

後者は、予算のすべての種類に適応するそれらの品質のコントロールを配置する領域が縮小されますとを提供する EOS 家族の最後のメンバーです。Gio@5 はオプションのアクセサリ外部モニターと同じキーボード コンソールには Eos のプログラミングとジオ、小さいコントロールを求めて EOS ファミリのユーザーに簡単に移行できるように。

ColorSource コンソールは、ColorSource 線形を伴っていた、光の中で生成された目に見える複数のアクセサリーがなくエンド ツー エンドを配置できるようにする等の Led を作成新しいバーを破る。

さらに、汎用性の高い照明器具 Irideon FPZ、その機能によって、光の美術館、ホール、商業環境に理想的な補完を見ることができます。

MA照明dot2 Stonex

MA照明

LDI 2016、マサチューセッツ州の照明の参加者のトレーニング セッションを提供、ラスベガス dot2 および GrandMA2 範囲につながった。さらに、ブースに来た人がスペイン語でまた見つけることが、ソフトウェアの最新バージョンをもたらす新しい機能を学ぶことができます。

3.2.2.13 grandMA2 バージョンのためには、多くの修正とユーザ管理コンソールになる改善が組み込まれています。

彼の部分について発足、MA おきなわ dot2 の無料版は最初の DMX 宇宙アート Net のプロトコルを生成できる最大 512 の DMX チャンネルを生成するので、dot2 ソフトウェア バージョン 1.2.2.8 は偉大な目新しさをもたらします。いくつかのバグ修正とその他の定義済みの位置効果も含まれています。

LDI 2016


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 8 Nov, 2016
•セクション: イベントライティング