5,000ルーメンの明るさとWUXGA解像度を提供する同社初の固定レンズ装置です。役員室、大学の講堂、博物館、デジタルサイネージシステムでの使用のための理想的な解決。

オプトマ ZU510T-W

ZU510T-W プロジェクター オプトマ デュラコアレーザー蛍光体技術と固定レンズ設計を組み合わせたものです。5,500 ANSI ルーメンを搭載し、300,000:1 のコントラスト解像度と WUXGA 解像度は、会議室、大学の講堂、博物館、デジタルサイネージ システムの視聴覚アプリケーション用に設計されています。

オプトマ ZU510T-Wその最適エンジンは、それを防塵性を与えるIP5X認定され、信頼性が高く、費用対効果が高く、メンテナンスが低い。その光源はランプかフィルターの変更を要求しないで操作の20,000時間まで支える。

このソリッドステートレーザープロジェクターは、水平および垂直変位の固定レンズを備えており、広い投影距離をカバーすることができ、1/2~ 2/13 の単比とデジタルズーム比 1.8 を提供し、交換レンズ機能の広い範囲と追加のものを変更または購入する必要性を排除します。

ZU510T-Wは華麗なイメージ品質、高度の光学部品および低雑音を提供する。2つの10ワットスピーカーと、3つのHDMIと2つのMHLポートを含む多種多様な入力を組み込んだプロジェクションシステム。

特徴:

オプトマ ZU510T-W

  • レーザープロジェクター1 DLPチップ。
  • WUXGA (1,920-1,200)。
  • 明るさ5,500ルーメン。
  • 20、000時間の耐サービス寿命。
  • コントラスト比 100,000:1
  • アスペクト比:16:10。
  • HDMIおよびHDBaseT接続。

あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 23 Nov, 2016
•セクション: トレーニング投影

その他の記事