この現実的なシミュレーションクリエイター、オブスクラデジタルとの融合CISを実行するために、彼らはそれの一部であるかのように環境に統合されている8112×960ピクセルの解像度を有するLEDディスプレイ32×4.5メートルを使用していました。

壮大な滝で、それは訪問者が建物の中に受信されている方法です Salesforceの サンフランシスコインチ現実的なシミュレーションは、ロビーの一部として空間に統合されています。

このデジタル効果はクリエイティブスタジオで作成されています オブスクラデジタルFusionのCIS 8112×960ピクセルの解像度と32×4.5メートルを用いたLEDディスプレイ。滝、コンピュータは、背景画像が、シーンの一部として提示されない、生成されました。そのインストールが会社に委託されています SNA

意図した効果を生み出すために、1100のフレームが必要とされた、しばらく Renderstorm 彼は物理的な処理を担当した、フュージョンCISは、シミュレーションや照明によって生じる課題に焦点を当てました。

RealFlowのを使用しました(次リミット・テクノロジーズFusionのCISは、その機能を拡張し、カスタマイズされた結果を達成するために、管理と制御を可能にする方法およびツールの包括的なライブラリを開発してきましたので)、このダイナミックな物理シミュレーションを作成します。

このプロジェクトを実現するために、2つの滝を設計しました。基本的なバージョンは、ロビーのドアに対する完全な滝の飛沫になるために、徐々に流れ始め、徐々に停止に減速します。そして、それは段階的に変形セットと対話し、その後完全に流れる滝で始まりとして大きな課題が提起した、第二には、壁や背中をオフに来ているように見えます。

Obscura Digital proporcionó el diseño de la pared como un archivo digital, con dimensiones ajustadas para coincidir con la pared del vestíbulo, y también creó la deformación de la geometría en niveles para la segunda cascada. Para lograr el nivel exacto de detalle, Fusion CIS diseñó un sistema digital de cascada con cuatro paneles solapados, que fueron reunidos en un archivo de iluminación para crear la cascada completa. Cada panel realiza la simulación por separado, permitiendo un mayor detalle en el agua de lo que habría sido posible si la cascada se hubiera realizado como una sola unidad.

El agua en la simulación se vierte sobre un borde y hacia abajo. Fusion CIS diseñó un conjunto dinámico de pequeños cubos en el borde del acantilado, por lo que el agua desarrolla pequeños canales internos que cambian y evolucionan, evitando así una pared de agua plana sin rasgos. Además, se creó un conjunto de fuerzas alrededor de las puertas del vestíbulo que permiten que el agua fluya de manera natural y dinámica.

シミュレーションは、Fusion CISが噛み合うと呼ばれるプロセスを介して「表面」のバージョンを生成し、いくつかの機械設備で行いました。総カスケードが200〜400万ポリゴンの間に含まれるように各パネルは、フレーム当たり50億のポリゴンメッシュとの間に水を用いて生成しました。


Te gustó este artículo?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2016年12月28日
•セクション: 背景コントロール電子看板表示シミュレーション

その他の記事