オリジナルデザイン、自社の幅広い技術やリスニングルームの音響に応じて最適化するための設定の幅広い選択肢を組み合わせて、厳しい環境向けに設計されています。

フォーカルプロフェッショナル それはで提示、ニアフィールドモニターの概念を再定義し、その新しいライン状にこれを浮き彫りにしています メッセ 図形40、50及び65:11と4月14日の間、フランクフルトで開催された、および3つのモデルで構成された2017。

Es primero es una solución idónea para escuchas de campo muy cercano, a partir de 60 cm, y ofrece una asombrosa respuesta en graves; mientras que el Shape 50 es el monitor más versátil. Puede ser usado en escuchas a partir de 80 cm y proporciona una extensa respuesta en bajas frecuencias incluso en habitaciones pequeñas. El modelo Shape 65 es la referencia de la línea. Aunque está pensado para escucha cercana, este monitor ofrece una alta calidad de monitoreo en todo el espectro de frecuencias.

すべてのモデルは、最適な制御にオーディオ信号のすべてのダイナミック・レンジを提供するために、AB級増幅を提供します。各モニターには、低周波数のためのシェルビングフィルタを運びます。 160ヘルツ(+/- 3 dB)のでクロスオーバーによるミキサーや残響領域上のモニターの照合にスプリアス反射の補正を可能にします。加えて、それらは、調整可能なハイパスフィルタが装備されています。

形状モニターは、接触面との絶縁性を向上させるために4スパイク足ゴム仕上げが提示されています。そして、彼らは削除するツールを必要としない2つの保護グリッドを備えています。

これらのデバイスは、パッシブラジエータとの二重新ウーファーとツイーターが含まれます。厳しい環境が焦点独自の技術やリスニングルームの音響に応じて最適化する設定の幅広い選択肢の広い範囲を組み合わせるために設計されました。

技術の開発は、ドライバーフォーカルDNAの一部です。ガラス繊維と亜麻繊維:新しいサンドイッチコーン亜麻は、二つの材料で構成されています。 (亜麻繊維の層は、ガラス繊維の2つの層の間にある)、高剛性、軽量かつ非常に低い弾性を提供挟ま組み合わせ。これらの材料は、前任者のCMSのPOLYGLASSコーンを超える改善を提供しています。

そのブランドで配布されフォーカル、 NeotecnicaSM6とSM9ラインのツイータで使用されるように、新たなM字型ツイータと懸濁専用:これは、2つの機械的な技術革新とツイータ反転ドームアルミニウムマグネシウムを改善しました。

El tweeter invertido M-shaped ofrece una directividad incluso más baja que el original tweeter de cúpula invertida, lo que se traduce en una mayor flexibildad a la hora de la ubicación de los monitores para su escucha. Además, proporciona una mayor rigidez, reduciendo posibles distorsiones. Sumado a esto, el suspensor Poron permite una curva de respuesta mucho más lineal por debajo de 6kHz. Por otra parte, el cajeado ha sido diseñado para proporcionar una óptima directividad tanto horizontal como verticalmente.

二重パッシブラジエータは、一つのモニター、研究の特性に応じて快適な聴取位置を容易に広い低周波応答、コンパクトな筐体に、結合することを可能にするソリューションです。

バスレフポートとのシステム統合の観点から(必要なポートの面積と一致するのに十分に長いもの)をその限界を満たす場合、パッシブラジエータは、理想的なソリューションとなります。さらに、その低い周波数をチューニングするためには、モニターが壁に非常に近接して配置することができる可能にします。


Te gustó este artículo?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2017年4月19日
•セクション: オーディオ