この科学センターでは、展示会のためのマッピング3Dと360°だけでなく、人間の生活の中の液体要素の重要な役割に皆をもたらすインタラクティブな予測のための57チームがこのメーカーの合計を使用した水に専念します。

パナソニックハイドロポリス

ハイドロポリス 64の対話型インストールは、最も先進的なマルチメディア・ソリューションを使用して排他的に作成して教育は、ほぼ4000平方メートルの展示を組み合わせた水に専用のポーランドで唯一の科学的、生態教育センターが、あります。

Esta exposición se ubica en el histórico edificio de la empresa depuradora de agua y drenaje de la ciudad polaca de Wrocław, construido en 1893, que fue la sede del sistema municipal de abastecimiento de agua antes de convertirse en una atracción única en Polonia. En su recorrido, los visitantes son guiados con una estructura narrativa por ocho zonas distintas, en las que se analiza el papel del agua en la vida humana a través de espectáculos multimedia e instalaciones artísticas.

パナソニックハイドロポリス

Abierta los siete días de la semana, el equipo audiovisual para las instalaciones interactivas y multimedia tenía que ofrecer un rendimiento 24/7 y máxima fiabilidad. Además, el diseño y la construcción de este espacio tuvo que superar un considerable número de obstáculos, ya que se trataba de crear una exposición en un entorno que no había sido diseñado concretamente para tal finalidad, y utilizando solo tecnología audiovisual.

このために、作品だけでなく、この歴史的な建物、保護されており、カタログ、だけでなく、湿度や温度の特定のパラメータを尊重しなければならなかったと付け加えています。メンテナンス作業が中断を避けるために最小限に抑えることができるように、チームの選択のための主な基準の一つは、信頼性の高いでした。

パナソニックハイドロポリス

57台のプロジェクタの合計をインストールして使用されます パナソニックこのようなマッピング360°、およびインタラクティブな3Dマッピング突起としての機能を実行することが特にPT-DZ870及びPT-DZ680モデル。

「数年前、私たちは唯一の海外これらの近代的な展覧会を楽しむことができます。幸いなことに、ポーランドの博物館は、訪問者が学び、楽しむ方法を変更し、新しい体験を提供するために、ますますそれらを統合しようとするAV機器の可能性を認識しています。ハイドロポリスは、マルチメディア・ソリューションを使用して達成することができる特別な効果の優れた例である、「マグダレナPrzasnyska、マーケティングのディレクターとパナソニックの売上高は述べています。

パナソニックハイドロポリス

マッピング360°

En el centro de la exposición está el denominado Planeta Acuático, una sala oval con una pantalla de 360º en la que se muestra un vídeo sobre la Tierra y los orígenes del agua, que se completa con una esfera de proyección similar a la Tierra, con un diámetro de más de 2 metros. En un principio, y debido al tamaño de la habitación y de los pilares interiores, resultaba imposible instalar los proyectores a una distancia adecuada para realizar esta creación multimedia y que los visitantes pudieran disfrutarla desde distancias muy reducidas.

Para resolver el problema, se utilizan catorce proyectores DLP del modelo PT-DZ870 de Panasonic, ya que tienen un objetivo con distancia focal ultra corta, con objetivos ET-DLE030 reemplazables, además de un diseño compacto, brillo de 8.500 lúmenes y una elevada relación de contraste de 10.000:1. Su fiabilidad se garantiza con su sistema de doble lámpara doble de larga duración (con ciclo de sustitución de 3.000 horas), que impide la interrupción si falla una, con un rendimiento 24/7.

パナソニックハイドロポリス

これらの機能のおかげで統合されたプロジェクターへの幾何学的な調整を考慮にアーチ型の天井、巨大な柱や曲面の壁を取って、建物の楕円形の内壁に設置することができます。私たちは、360°の角度でプロジェクターをインストールすることができ、多くの場合、狭い、限られた、美術館や名所のスペースに統合することができます。

高画質を確保しつつ、同様に、特別に設計された光ダスト耐性冷却システムはまた、システムの信頼性に寄与する。

パナソニックハイドロポリス

浅浮き彫り突起

また、彼らは、ナイル川のジオラマにマッピング投影に2台のプロジェクタPT-DZ870を使用した。チームは、その口を有する浅浮き彫り、川のデジタル画像を投影します。

これらのコンピュータ上の集積エッジブレンディング機能のおかげで、単一の統合と整列画像リンクを提供するために、二つの画像ように、レリーフの大きさを考えると、2台のプロジェクタは、完全なカバレッジモデルを確保するために選択しました。

パナソニックハイドロポリス

相互作用に触れます

リビングオーシャンハイドロポリスエリアは、ミラーを2台のプロジェクターパナソニックPT-DZ680を使用して動き、120センチ、直径で2ラウンドテーブル、それぞれに表示された投影トラックと訪問者のためのより多くのインタラクティビティを提供する機会を、意味しましたこの大面積投影を覆います。

装置は、画面の下方に設置され、後ろの面に投影されます。モーショントラッキングはまた、彼らは、インストールと対話するよう正確に訪問者をマッピングし、識別するために、画面の下にある広角レンズを備えた2台のカメラのおかげで、達成されます。

パナソニックハイドロポリス

展覧会はので選ばれ、29台のモデルPTDZ680プロジェクターが使用されている構成されています。このプロジェクトのためのプリメイン2つの要件が満たされた:セキュリティシステムを持っており、非常に高いパフォーマンスを確保するために。

もう一つおまけが経過12,000時間までに交換すべきではないオリジナルのエコフィルター、です。液体冷却システムは、すべての条件でより高い性能、そして静かな動作を保証します。

パナソニックハイドロポリス


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 2017 年 6 月 29 日
•セクション: ケーススタディHIGHLIGHT表示トレーニング投影