プレゼンテーションや会議には、柔軟で簡単に設定するためのシステムの需要の高まりにまでし、一連の自動混合プロセッサのこの機能の包含を使用して (の無料ファームウェアのアップデートとして、)既存の) は、ビジネス市場に対応するための重要なステップです。

ヤマハ MRX ファームウェア 3 ダン デュガン最近、マトリックス MTX3/MTX5-D プロセッサと MRX7 D オープン アーキテクチャ信号プロセッサーの発表 ヤマハファームウェアのバージョン 3.0 には、マイク ダン デュガン MRX/MTX 準備ダンテと XMV シリーズ パワー アンプ AES67 プロセッサとの互換性と同様、すべてのモデルの自動混合のチャンネルの多様性が組み込まれています。

ヤマハは密接に連携し ダン デュガン サウンド デザイン 自動の技術を取り入れるため数年間混合デジタルミキシング コンソールとプロセッサ MRX7 +

MRX/MTX シリーズのファームウェアのバージョン 3.0、製造元 MRX7 D でこの機能が大幅に向上、会議の効果的かつ効率的なソリューションを提供する、標準の MTX3/MTX5-D の単位として最初にそれを提供していますすべての予算に合います。

自動混合デュガンの機能は、彼らは別の場所で起こるかのように同じ部屋や部屋で開催されたかのようにオーディオ会議のオーディオに関連する多くの問題を解決するために世界標準として認識されます。世界各地に分散。

自動的に増加はマイク入力の受信を得るため、グローバル定数ゲインを作成する入力各サウンドを調整すると同様に、人に減少します。フェーダーとのマージンが高いレベルの音の透明度を確保するため同じレベルで添付保持処理の合併症を排除したがって、放出されます。

新しいファームウェアでは、MTX3 には最大 4 チャンネル自動ミキサー デュガンが含まれています。フィードバック機能と組み合わせると、オペレーターに技術的な専門知識があるない場合でも使用することができますプレゼンテーションの簡単なシステムを作成することができます。

デュガン可能性がありますオープン プランの客室に 8 チャネル自動ミキサーの最大、または最大 4 つの独立したデュガンとパーティション MTX5 D プロセッサを搭載した多目的ルームのスペースをあなたの部屋のためのチャネルは 2 つに分割で柔軟性を提供します。このようなさまざまなアプリケーションのためのスペース。

MRX7 D プロセッサーでチャンネル自動ミキサーの最大数は、多くの参加者とマイクと会議室を適切に管理するために 16 から 24 に拡張されています。さらに、MRX7 D の (AEC - 音響エコー キャンセラ) アコーステック エコー キャンセレーションを排除機能は、電話会議でよく発生する問題をエコーします。

ファームウェアのバージョン 3.0 の他の機能は、MRX/MTX ユニットの他のソースへの切り替えミュートまたは取消デュガンの機能によってマイクの優先順位の設定のグループの割り当て。これはすべてリモートで使用できる無線 DCP スマート デバイス (iPad または Android) またはヤマハ デジタル コントロール パネルの DCP シリーズのいずれかを使用しています。

計算されたデータを PDF 形式またはアプリケーション構成ファイル ProVisionaire タッチ iPad 用の背景画像などの PC で作成したデータの直接転送の機能が、他の一方で、加わりました。

MRX7 D マトリックス ミキサーが選択できます、40 から 48 または 56 チャンネル i/o オーディオ システムをシステム設計とその構成とインストールの両方の使用を向上させる DSP リソースの有効利用による拡張からチャンネルを設計します。

AES67 で実装された互換性、MRX/MTX プロセッサ ダンテの準備ができて、XMV シリーズ パワー アンプ、設備やシステムを使用して、それ以外のエリアの間に音の伝達を容易にします。彼らは互換性でしょう。

この新しい開発が Q LAN などの AES67 と互換性があるネットワーク ソリューションと統合することができますヤマハからシステムの数を大幅に拡張システム製造元 CL/CL/R シリーズ ミックスはすでにこの技術をサポートしてラヴェンナやダンテに加え、Livewire。

新しい MTX、MRX シリーズ プロセッサは、既に新しいバージョン 3.0 で配信されます。同時に、新しいファームウェアが既存ユーザーのための無料ダウンロードとして利用できます。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 25 Aug, 2017
•セクション: 背景アクセサリーオーディオAV会議