マイクロソフトと協力して開発されたこのチームスカイプルームシステムは、360度回転することができますおよびMicrosoft Windows 10のIoT Enterpriseオペレーティングシステムで動作する11.6インチの画面を搭載しています。

レノボThinkSmartハブ500

レノボ ThinkSmartハブ500は、会議室にSkypeルームシステムのコラボレーションを管理し、ビジネスのためのローカルおよびリモートの会議の参加者のSkypeに接続する機能を提供しています共有できるデバイスです。

と共同開発 マイクロソフトこのAIOは360度回転することができますおよびMicrosoft Windows 10のIoT Enterpriseオペレーティングシステムで動作する11.6インチのスクリーンを備えています。

会議で発表ThinkSmartハブ500、 マイクロソフトのIgnite 2017 導入と管理が容易であり、任意のスペースは、ビジネス用のSkypeの出会いの場であることを確認することができ、オーランドで今週開催されています。

ドルビーオーディオプレミアムと、360度の範囲およびこのデバイスを鳴らす、会議や大型の外部ディスプレイを制御するためのタッチスクリーンとマイクは、理想的なパートナー会議会議中小サイズとして提示されています。

“La transformación en el lugar de trabajo comienza con la colaboración. A medida que las fuerzas de trabajo están cambiando, las empresas necesitan proporcionar herramientas que permitan la eficiencia y el trabajo en equipo en la oficina y con colegas de todo el mundo. Una necesidad obvia de cambio es en cómo se llevan a cabo las reuniones, incluyendo el problema actual de la tecnología equivocada para que las reuniones se inicien rápidamente. Este desperdicio de tiempo puede costar a los negocios millones de dólares en pérdida de productividad y ThinkSmart Hub 500 pueda ayudar a resolver este problema”, explica Christian Teismann, senior vice president and general manager, Commercial Business Segment, Lenovo PCSD.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 9 月 29 2017
•セクション: AV会議コントロールテレプレゼンス/ビデオ会議

その他の記事