会社によっては、アムステルダムのコンテストは、欧州市場向けのみに発生した、インストールについては、このシリーズのマイク大幅改装します。

オーディオテクニカ ise2019

日本のモジュラー範囲改変音 (s) で設計・製作します。 オーディオテクニカ 提示 伊勢 2019 (ホール 7 - スタンド N190) 4 つの電源モジュールをすべて、六つの異なるホース (オプション カーディオイド、ハイパーカーディオイド、無指向性とマイクロ ライン、この会社を除く) とマイク ES925 の 4 つの要素が含まれています交換。

ホース セクションは、6"(152.4 mm); の長さと12"(304,8 mm);15 インチ (381 mm);18 ' (457.2 mm);21"(533,4 mm) と 24"(609.6 mm) 短く、1 つのより正確な位置決めを提供する二重ホースの設計を除いて、それらのすべて。

オーディオテクニカ ise2019

新しい 4 つの新しい電源は、ライン オプションが含まれてラインで ES8544、2 つのオプション モジュール実装 - 3 ピンの ES8755R と 5 ピン ES8755RC の切り替えをリモートで - デスクトップの ES8766RC です。

これらのモデルは、電源の状態を示すと同様、会社のコーポレート カラーをカスタマイズできるように、8 つの異なる色バリエーションで LedD RGB を備えています。

オーディオテクニカ ise2019

カプセル、フレキソ、マウント システムのほぼ百の組み合わせの可用性、新しいシリーズは、最適な音質を必要とするインストールに特に適してオーディオテクニカのスタンドで伊勢への訪問者をテストできることとカスタマイズ可能な構成の柔軟性。

言う吉野聡、オーディオテクニカのマイクロホンの開発部、"シリーズは会社カスタマイズあなたの特定によると、オーディオ機器の必要な柔軟性を提供新しい改変サウンド。多彩なオプション使用可能なマイクにより会議室、会議センターの美学にきちんと合うソリューションを見つける任意の会社」。

デジタル AV で特別な伊勢 2019年へのアクセス


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 8 Feb, 2019
•セクション: 背景オーディオイベント

その他の記事