IBC 2019 では、IP と 4 K に基づく AV ビジュアライゼーションおよび配信ソリューションは、最新のコントロール ルーム、メディア制作、ポストプロダクション、および再生の要件に適応しています。

ブラックボックスエメラルドリモートアプリ

IBC 2019年9月13日から17日までアムステルダムで開催される。 ブラックボックス エメラルド ユニファイド KVM (キーボード、マウス、ビデオ) ソリューションの全範囲で技術革新を導入し、ヨーロッパで新しい MCX AV オーバー IP システムを導入します。

ブラックボックスブース(8.B59)には、異なる部屋、フロア、建物、サイト、またはサイトを通じて、多数の場所から複数のコンピュータへの便利で直感的なリアルタイムアクセスの必要性に対応するデモンストレーションエリアがあります。都市でさえも。

このエディションでは、IP と 4 K に基づく AV ビジュアライゼーションおよび配信ソリューションを強調表示し、最新のコントロール ルーム、メディア制作、ポストプロダクション、プレイアウトの要件に適応します。

エメラルド用リモートアプリ

アムステルダムでは、エメラルド統一 KVM プラットフォームのリモート アプリがヨーロッパでデビューします。ソフトウェアベースのソリューションは、その種の最初のソリューションで、承認されたユーザーがエメラルドKVMネットワークを介して1つ以上のソース(PC、サーバー、仮想マシン)に同時にリモートアクセスできるため、コスト削減と柔軟性の向上が可能です。、アクセスの容易さおよび効率。

最大45fpsのフルHDビデオのための複数の同時接続を備えた新しいエメラルドリモートアプリは、リモートプロセスやアプリケーション監視などのタスクに最適です。ブラックボックスKVM Boxillaネットワークマネージャに対する認証を使用すると、リモートアプリケーションは、接続のリストをユーザーに提供し、迅速かつ簡単にアクセスを提供するだけでなく、標準的なハードウェアベースのシステムを提供します。ただし、リモート アプリケーションは固定された場所に接続されていないため、ユーザーは自分のコンピュータやラップトップを使用してどこからでも Emerald KVM ネットワークにアクセスできます。

ブラックボックス エメラルド ゼロU

DVIゼロUトランスミッタ

En IBC 2019, Black Box presentará el nuevo transmisor DVI ZeroU para la plataforma KVM Unificada Emerald. Un poco más grande que un smartphone, el transmisor compacto ZeroU funciona con el receptor Emerald SE para ofrecer a los usuarios una experiencia de escritorio sin problemas en cualquier lugar de una red TCP/IP, con hardware real alojado de forma segura en un centro de datos corporativo o en la nube. Con unas dimensiones de 7×15,5x 2,5 cm, el dispositivo ZeroU es ideal para aplicaciones en las que el espacio es limitado o costoso.

El transmisor, que admite vídeo Full HD DVI sin pérdidas visuales de hasta 1.920×1.200 y requiere menos de 40 Mbps de ancho de banda para vídeo de 1080p, ofrece conectividad de alto rendimiento para una amplia variedad de aplicaciones, entre las que se incluyen la difusión, la postproducción y mucho más.

Como todos los dispositivos Emerald, el transmisor ZeroU puede ser administrado por Boxilla, el sistema de gestión de red KVM de Black Box.

Black Box MCX

Black Box MCX

IBC supondrá el lanzamiento oficial en Europa del nuevo sistema de distribución y gestión multimedia Black Box MCX. La solución aprovecha las ventajas de SDVoE y la moderna infraestructura de 10 GbE para permitir que las cargas útiles AV y de datos existan en las mismas redes de TI. A través de la tecnología avanzada de chipset, APIs de control común e interoperabilidad, la tecnología SDVoE garantiza una latencia cero y un vídeo sin compromisos, al tiempo que ofrece un ahorro significativo de costes junto con una mayor flexibilidad y escalabilidad del sistema.

A la vez que permite una verdadera convergencia de AV en red, Black Box MCX garantiza una latencia casi nula, conmutación instantánea, eficiencia en el ancho de banda y vídeo y audio de alta calidad. MCX simplifica y acelera el proceso de consolidación AV y datos en una sola red, permitiendo a las organizaciones, de prácticamente cualquier sector, reducir el tiempo y los costes de gestión de la red, así como el coste total de propiedad.

En lugar de desplegar una red completamente nueva, los usuarios pueden aprovechar la solución definida por el software para aprovechar la infraestructura existente para la entrega de audio y vídeo de mejor calidad, lo que puede traducirse en una mayor satisfacción del cliente y un tiempo de obtención de ingresos más rápido.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 19 Jul, 2019
•セクション: 看板の配布イベントインフラネットワーキング

その他の記事