コンポステーラナの女性に敬意を払うこのショーでは、それぞれ22,000ルーメンの9つのプロジェクター、28のロボットヘッドと20の静的照明電球が使用され、6で分散された50,000 Wの電力のサウンドシステムが使用されます。塔。

使徒の火災 2019

7月25日には、ガリシアの首都で毎年行われるサンティアゴ・デ・コンポステーラの守護聖人に敬意を表して祭りが開催され、「使徒の火」の視聴覚と火術ショーが開催されます。アクションプロダクションとデザイン (APD)は、そのステージングに責任を負う事業とします。

このショーは、マッピング、広場でのライブ音楽、特殊効果、火工、照明、サウンドトラックをリンクし、7月24日の11時半にラクストイ宮殿(プラザ・デル・オブラドイロ)のファサードに投影されます。夜。

約30分間のライブで5,000人以上の観客が参加し、3時間の特別な照明とアンビエントミュージックが広場で開催される予定です。

使徒の火災 2019

ショーは今年4つの主要なプロット軸を持っています:カミノ・デ・サンティアゴ、外国の巡礼者との文化交流のルートとして。都市の建築とその成長;サンティアゴ・デ・コンポステーラと近くの農村環境との統合と相互依存。そして最後に、歴史を作ったガリシアの女性の一部のレビュー。

投影の最も視覚的に印象的な瞬間の一つは、それが時間の旅であるかのように、観客の目の前に、ラクストイ宮殿のファサードに「構築」されたときになります。

ショーはまた、サンティアゴ・デ・コンポステーラの街にリンクされている最近の歴史と現在の偉大な女性を思い出させます。上映はロザリア・デ・カストロを強調しますが、作家で編集者のマリア・フランシスカ・デ・イスラ・イ・ロサダ、亡命した歌手マリア・バルベルデ、詩人で劇作家のヘルミニア・ファリニャなど、不等に有名な女性も同様に関連性のある女性を覚えています。コビアン、画家コンチャ・バスケス、フェミニストの教師マリア・バスケス・スアレスなど。

使徒の火災 2019

La producción audiovisual aplicará tecnologías de última generación para proporcionar una imagen de cuatro millones de píxeles de resolución. Para ello, Acciona Producciones y Diseño empleará nueve proyectores de vídeo de 22.000 lúmenes cada uno, 28 cabezas robotizadas y 20 focos estáticos de iluminación, así como un sistema de sonido de 50.000 W de potencia distribuidos en seis torres.

En la pirotecnia se usarán un total de 6.015 efectos de disparo y 366 kilos de pólvora. Para ello, APD volverá a contar con Ricasa, empresa valenciana especializada en pirotecnia a gran escala. La música en directo correrá a cargo de la agrupación folclórica Cantigas e Agarimos de Santiago de Compostela.

Acciona Producciones y Diseño ha sido responsable del diseño y ejecución del espectáculo de las Fiestas del Apóstol de Santiago de Compostela en doce ocasiones, y ha sido galardonada por este espectáculo con el Premio al Mejor Evento Cultural de Europa en los European Events Awards (EuBEA).


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 23 Jul, 2019
•セクション: オーディオケーススタディイベントライティング投影

その他の記事