3つのモデル(PN-CE701H、PN-C751H、PN-C861H)で構成されるこのラインは、教育環境向けに設計されており、4K UHD解像度やワイヤレス接続など、シャープのプレミアムインタラクティブディスプレイに一般的に見られる機能が含まれていますが、より手頃な価格のコスト。

シャープ PN-CE701H

部門 シャープエレクトロニクス コーポレーション(SEC)、シャープイメージングおよび情報会社SIICA)は、そのAquosボードラインに3つの新しい4KウルトラHDインタラクティブホワイトボードの追加を発表しました。

新しいディスプレイは、70(PN-CE701H)、75(PN-C751H)および86インチ(PN-C861H)のフォーマットのPN-Cシリーズの一部です。ディスプレイのAquosボードラインの多くの標準機能に加えて、講義、プレゼンテーションを行うか、教室でより創造的でコラボレーション環境を得るためのいくつかの高度な機能を組み込んだモデル。

Ultra HD 4K解像度を使用すると、教師は静止画やビデオ画像、複雑な小さなテキストやグラフィックをキャプチャする際に学生の注意を引き付けます。一方、ワイヤレス接続により、ケーブルやアダプタが不要になります。画面に触れることで、WindowsまたはAndroidを搭載したポータブルデバイスは、モニターにワイヤレスで画像を送信できるアプリケーションをダウンロードすることができます。

フロント入力は、接続性の利便性も高めます。内蔵のホワイトボードと「スレートランチャー」を使用すると、メモを取り、シングルタップで描画することができます。オーバーレイ機能を使用すると、インストラクターは写真やビデオに直接注釈を付けて保存や共有を行うことができます。

「このラインには、4K Ultra HD解像度やワイヤレス接続など、プレミアムインタラクティブディスプレイに一般的に見られる高度な機能の多くが含まれていますが、より手頃なコストで使用できます」と、ゲイリー・バイラー専務取締役は説明します。SIICA のプロ AV 製品。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 6 Sep, 2019
•セクション: 表示トレーニング