メーカーは、この場合、その強力で排他的なXCVI FPGAエンジンに基づいているミキサーの彼の三部作、この機器で完了します。

アバンティスは、最も先進的な技術を表します アレン&ヒース 64チャンネルのコンソールでは、42台の構成可能なバスを備え、2つのフルHDタッチスクリーンを搭載し、その広いI/Oの可能性と、今日同社が提供する最大のdLiveコンソールからの処理が追加されています。

アレン&ヒースのCEO、ロブ・クラークは、「dLiveとSQに参加すると、アバンティスは96 kHzの解像度で高度なコンソールの三部作を完成させます。彼らから、dPackオプションに加えて、ユニークなユーザーインターフェイスを備えたスタンドアロンの64チャンネルミキサー、当社の入出力エコシステムとの完全な接続など、彼らをとても人気のある機能の多くを取ります。

このマネージャーのためのアバンティスのハイライトの一つは、「我々は、超強力で軽量で素晴らしい見えるオールメタルシャーシを作成し、工業デザインに新しいアプローチを取ったということです。

合金ハウジングと管状構造に取り付けられ、アバンティスコントロール表面は、2つのフルHDタッチスクリーンとそれに対応するロータリーコントロールを中心としています。

「2つのタッチスクリーンを持つことは新しいコンセプトですが、より多くの可能性に使用できることを実感し、継続性ユーザーインターフェイスを開発することができました」と、アレン&ヒースのR&Dディレクター、アンディ・ベルは言います。

他の利点の中で、ベルは「アバンティスと仕事を始め、数秒以内に、エンジニアは物理的な制御と画面上のソフトウェアの間の継続的な流れを理解するでしょう」と指摘しています。ロータリーコントロールでゲインとパノラマを操作し、キーをタップしてEQに切り替えたり、ストリップ全体で動的な処理を行うことができます。

コンソールはまた、各画面の右側に設定可能なFastGrabタブを提供し、現在選択されているチャンネルまたはダイレクトチャンネル上の補助、EQ、コンプレッサー、FX送信制御に迅速かつ簡単にアクセスするための別の方法を提供します。「最終的には、連続性インターフェイスを使用して、ミキサーではなく、作業方法を決定するエンジニアです」と、アンディ・ベルは言います。

Si bien muchos usuarios elegirán combinar Avantis con el expansor de audio GX4816 de 48 entradas y 16 salidas, Avantis es parte del ecosistema Everything I/O de Allen & Heath, lo que significa que a cualquier empresa de alquiler que ya haya invertido previamente en equipos de esta compañía, así como a cualquiera que busque un sistema compacto, Avantis le proporcionará flexibilidad real, gracias a su posibilidad de conectarse a una enorme gama de equipos expansores de audio.

Además, Avantis también es compatible con la gama de mezcladores personales ME y con los controladores remotos de la serie IP, ambos de Allen & Heath, marca que comercializa en el mercado オーディオテクニカイベリア

Para entradas y salidas locales, Avantis cuenta con doce entradas analógicas -a través de conectores XLR- y doce salidas analógicas, a través de conectores XLR y AES (una entrada estéreo y dos salidas estéreo). Dos puertos adicionales de entrada y salida hacen que Avantis se beneficie de las ventajas de toda la gama actual de tarjetas opcionales para dLive, Dante (64×64 y 128×128), Waves, gigaACE, MADI y otras.

Esta consola incorpora también con las herramientas de procesado necesarias para dar respuesta a las necesidades de cualquier usuario o aplicación, incluyendo compresores, EQs y las populares unidades RackExtra FX de Allen & Heath (doce ranuras).

La opción dPack amplía todavía más las posibilidades de Avantis, aportando el motor de procesado de dinámica Dyn8 (hasta dieciséis llamadas), compresores DEEP y el preamplificador Dual-Stage Valve. Aquellos que adquieran el dPack recibirán de forma automática y totalmente gratuita todas las futuras actualizaciones de DEEP y FX, asegurando el futuro de su inversión.

Para Nic Beretta, jefe de producto de Allen & Heath, “en la brecha entre SQ y dLive, el mercado de mezcladores está plagado de consolas ‘al estilo de la vieja escuela’, basadas en DSP de 48kHz. Avantis ofrece innovaroas prestaciones en todos los aspectos con un precio muy atractivo. Los clientes que la utilicen en locales, templos, giras y en empresas de alquiler van a quedar muy impresionados por todo lo que ofrece”.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 9 Oct, 2019
•セクション: 背景オーディオ

その他の記事