パナソニック コネクト ヨーロッパ 西沼博之

新しい組織 パナソニックコネクトヨーロッパ B2Bテクノロジーソリューションに焦点を当てています, サービスの提供の向上と共に, 欧州企業が事業を維持・変革するのを支援する.

パナソニックコネクトヨーロッパ メーカーの高品質B2B製品の範囲を統合します, ソフトウェアから含む, 製造機械, 頑丈なモバイルコンピューティング機器, 放送, プロジェクターとプロフェッショナルスクリーン, より大きなコンサルティング能力を追加, システム統合, プロジェクト管理とアプリケーションソフトウェア開発.

西沼 博之, パナソニックシステムコミュニケーションズカンパニーヨーロッパの現在のマネージングディレクター (PSCEU) そして新会社の将来の責任者 (上の画像で), それを説明する “製造業の要求に応える新しく機敏な組織になります。, 兵站, 小売, 娯楽, 教育と公共部門”.

パナソニックコネクトヨーロッパの新しいマネージングディレクター, 強調する “当社は、製品の専門知識と、企業が将来の事業を変革するのを助けるソリューションの容量の増加を組み合わせることを楽しみにしています”.

新会社の不可欠な部分は、最前線のビジネスプロセスの革新になります, として知られている ジェムバプロセスイノベーション, ビジネス知識に基づく, パナソニックテクノロジー&ソリューションズ, 見直しに変革的なアプローチをとって, 根本的に再設計し、操作を再発明する.

ジェムバプロセスイノベーション 革新的なテクノロジーを使用して、効率性を高め、顧客満足度を向上させる新しい働き方を提供. チームは最先端のデバイスにアドバイスを提供し、展開します, インテリジェントおよびロボット検出, デジタル化されたデータを使用してパフォーマンスの可視化を向上させる, サプライチェーン全体を改善するための運用最適化とプロセス自動化を提供.

パナソニックコネクトヨーロッパはまた、独自のヨーロッパの顧客サービスとサポートセンターによってサポートされます。. これに、の経験とサポートが追加されます ゼテス, 日本の多国籍企業が所有する, サプライチェーンのためのソフトウェアとソリューションを開発し、市場に出す.

また、会社の助けを借りるでしょう ブルーヨンダー, デジタルサプライチェーンとオムニチャネルコマースコンプライアンスにおけるグローバルベンチマーク, 最近パナソニックが買収を発表した.


あなたはこの記事が好きでした?

私たちの購読 RSS フィード そして、あなたは何も見逃すことはありません.

その他の記事について , , , ,
によって • 9 7 月, 2021
• 節:

その他の関連記事