このソリューションは、プロセッサを含み、ダンテに基づいて、EX-4ML、EX-8ML及びEX-UHエンドポイント。また、USB、VoIPの、PSTN、アナログおよびヘッドフォンを含む音声会議システムの様々な種類の、のための接続性を持っています。

ボーズプロフェッショナル 彼は公正で彼の出席を使用しています ISA 2017 (stand 7-C172 y 11-A135), que se está celebrando en Ámsterdam RAI, para dar a conocer su nueva solución de audioconferencia, ControlSpace EX. Incluye el procesador de señal de conferencia ControlSpace EX-1280C basado en Dante y los endpoints EX-4ML, EX-8ML y EX-UH. Diseñado con los inputs de los principales integradores, el sistema cuenta con conectividad para diversos tipos de audio conferencia, incluyendo USB, VoIP, PSTN, analógico y auriculares.

“Nos hemos centrado en la creación de un sistema de conferencia de audio DSP que incluye todo lo que un integrador puede necesitar – Dante, USB, VoIP, PSTN y audio analógico – todo en una sola caja de un UR. También reconocimos la creciente necesidad de reducir el cableado, localizar el equipo de forma remota y atender las aplicaciones de adaptación. Los endpoints son independientes del micrófono y utilizan PoE y Dante para proporcionar un micrófono de “un cable de la mesa” y la solución Byod ATC “, explica Darryl Bryans, manager de la Línea de Productos DSP de Bose.

3つのエンドポイントEX-ダンテは、PoEおよびネットワーク接続、複数の取り付けオプションとテーブル会議の下に設置のために理想的なフォームファクタ高密度特性を備えています。
インターフェイスマイクロフォンEX-4MLとEX-8ML、4,8チャネルは、それぞれほとんどと互換性チャネルあたりファントム48Vと電源LED 12Vの3つの論理IO(2アウト、1)を有しますアナログマイク会議。

エンドポイントEX-UHダンテは、3.5ミリメートル、USBステレオオーディオおよびRJ-9コネクタを組み込んだアナログコネクタTRRSを使用して接続する携帯電話、ノートパソコン、電話ヘッドセットとしてBYOD用途のための会議の汎用性を拡張します。

すべてのコンポーネントは、ボーズのControlSpaceデザイナー5.0ソフトウェアで構成され、制御されます。 ControlSpaceリモート2.1は、新しいEXをサポートするように更新し、会議室のための完全なユーザーインターフェイスベースのタブレットを作成するためのマーカーが含まれています。最も人気のある制御システムのドライバも用意しています。

また、アンプとスピーカーボーズProfessionalは、プリセットとオーディオ接続を使用して統合することができます。

特徴:

  • 12 AEC適応ノイズは非線形処理をキャンセルし、会議の明瞭さ及び明瞭度を改善します。複数の参照AECは、複数の部屋や地域をサポートしています。
  • 新製品会議マイクロホンなどダンテに基づく任意のシステムにデジタルオーディオ接続用ダンテオーディオネットワーク64×64。
  • オールインワンコネクタ:12アナログ入力マイク/ライン、8つのアナログ出力、8つのデジタル出力ボーズAmpLink、USB(入力/ステレオ出力)、のVoIP(2本のライン)とPSTN。
  • 信号は、任意のアプリケーションの会議のためのオープンアーキテクチャの柔軟性を提供する処理します。
  • VoIPのSIP 2.0との互換性は:設定可能なWebインターフェイスは、そのようなG.722サポートHD、G.726やG.711などの複数のコールアピアランスおよびコーデックを持つ2つの独立した系統が含まれています。
  • 測定ビュー及びIP設定を変更するフロントパネルディスプレイ256×64 OLED素子とロータリーノブ。

ISE 2017への特別アクセス


あなたはこの記事が好きでしたか?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって •2017年2月7日
•セクション: オーディオAV会議コントロールイベント

その他の記事