アメリカのインディーロックバンドが彼らのツアーの運用監視のニーズを管理するために、デジタル・ミキシング・コンソールdLive Sクラスを利用しながら、伝説のキーボーディストは、コンサートのための屈原-32デジタルミキサーを使用しています。

キーボード奏者と作曲リック・ウェイクマン、最良の(また、グループの創設メンバー)伝説のバンド「はい」、歌手ジョン・アンダーソンとツアーで現在のコンポーネントとギタリストトレバーの菜種の一つとして知られています。

ウェイクマンがク-32デジタルミキサを選択したためARWと呼ばれる音楽ツアー アレン ・ ヒース スペインとポルトガルで販売(誰の製品 オーディオテクニカ イベリア)その製品ようなFOHの管理を委託し、ソロコンサートのいくつかを監視されているデジタル・ミキシング・システムdLiveとして、以前の機会に頼ってきた彼らのステージ装置メーカーを完了します。

El equipo de Wakeman en el escenario incluye once teclados (unos modernos y otros clásicos); cuatro módulos de sonido y un mezclador digital Qu-32 de Allen & Heath, que proporciona un nuevo nivel de control a la actuación de Wakeman. Antes, el artista contaba con una mesa de mezclas analógica, con funciones básicas de DSP, pero ahora las escenas que ofrece Qu-32 mezclan y direccionan teclados específicos hacia la consola FOH, junto a efectos DSP seleccionados para ayudar a crear el personalísimo estilo interpretativo de Wakeman en cada canción.

El ingeniero Erik Jordan controla el equipo de Wakeman utilizando un complejo sistema MIDI, diseñado especialmente para esta gira, que cuenta como elemento central con un patch bay MIDI Sycologic M16 que actúa como controlador master. A medida que evoluciona la actuación de Wakeman, él mismo utiliza un sencillo teclado para seleccionar diversas configuraciones de Sycologic, cada una de las cuales envía comandos MIDI específicos a los teclados de Wakeman y al mezclador Qu-32, en un complejo ‘baile’ que reconfigura la totalidad el sistema para la siguiente canción.

“Para cualquier fuente de sonido y para cualquier canción -explica Jordan- podemos ajustar la ganancia de entrada y direccionamiento de la señal; la EQ; puertas de ruido y compresores y tres o cuatro efectos diferentes. Es vital que el mezclador responda de forma muy rápida y uniforme, y Qu-32 lo hace muy bien”.

このエンジニアにとって、このDSPデジタルミキサーするAllen&Heathが最適である、「noshaリックは、多くの外部の影響を排除し、設備の簡素化が可能となりました。すべての点では、屈原は驚異的なコンソールです。それは10倍以上の原価計算のミキサーと同じように動作し、完全に信頼性が高く、驚くほど強力です。私はちょうどそれをプラグインして、私は」すぐに作業を始めました。

リック・ウェイクマン、「ク-32は、私のチームの基本的な部分となっています。それは私に、混合物を完全に制御できますし、私の楽器のいずれかのような音を形作ります。このコンソールは、私の音楽のための新しい可能性を開きます。 "

dLiveと「ローカル先住民」

アメリカやヨーロッパによるコンサートの彼らの成功したシリーズ、ロサンゼルスに拠点を置く「ローカル先住民」アメリカのインディー・ロックでは、管理するために、メーカーのアレン・アンド・ヒースも、dLive Sクラスをミキシングシステムデジタルに頼っています運用監視が必要です。

呼ばれる彼らの第三スタジオ・アルバムを、促進として「太陽に照らされた青年」モニター・エンジニアローレンス・イーブス耳にし、48元存在ウェッジを通じて、5人のバンドのメンバーに12曲の別々のモニターミックスを与えましたステージ、モジュラーラック混合しながら、このため表面dLive S5000を使用しdLive MixRack DM64を処理します。

これらの変化に対応するために、イーブスは、ミュージシャンがステージ上で自分の位置を変更しながら、dLiveのparareajustarマイクのシーンを使用し、混合物を再構成します。回復はまた状況が必要とするときにすぐにシーンを変更するdLiveフィルタを使用しています。

他方で、それはしばしばdLive及び配置リバーブ出荷と下層におけるウェッジとインイヤーモニタのメイン出力の上層に直接出荷として使用される両方のマイクロホンを維持します。

Eaves emplea la reverberación de dLive ‘plate’ para cada miembro de la banda y unas reverbs ‘plate’ y ‘hall’ para la caja y los toms. Al mismo tiempo, utiliza el preamplificador a válvulas de dos etapas -que emula los armónicos de las válvulas- en el bajo y en los micrófonos de la batería. En cuanto a la ecualización dinámica y al retardo que incorpora el sistema, los aplica en la batería, así como en otras fuentes. Una tarjeta Dante instalada en la superficie S5000 permite la grabación digital multipista y Eaves utiliza la opción Virtual Soundcheck para configurar cada actuación.


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 , ,
によって • 27 Feb, 2017
• セクション: オーディオ, ケース ・ スタディ

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/