このUSBオーディオ・インターフェースは、DAW記録システム高性能、直接マイクを接続し、コンピュータとモニターに変換します。シンプルで直感的な操作を維持しながら、最適な音質を提供するために作成されています。

遺跡は、USBオーディオ・インターフェースを使用しているすべてのことボストン(マサチューセッツ州)内に形成されたアメリカのメタルコアバンド Audient 彼の新しいアルバムを記録するためのID22。

Hasta la fecha las ventas de sus álbumes en todo el mundo ha superado el millón y este último está siendo producido por Howard Benson, un reconocido productor nominado dos veces al Grammy (All American Rejects, My Chemical Romance, Kelly Clarkson). “He usado otras interfaces antes, pero esta es, con toda seguridad, mi favorita. Cuando envías una demo a los productores, para que estos puedan escuchar detenidamente todas tus ideas, esta tiene que sonar limpia y profesional. La iD22 me ha permitido, sin duda alguna, conseguir estos resultados”, aclara Aaron Patrick, bajista del grupo.

彼らは調査に入る前ID22ベーシストによると、その構成に貴重な貢献しました。 「それを使用すると、一度にすべてのラインDIからの完全なライブセッションにすべてを行うことができます。通常、私は、私たちのデモと監視構成のための私達のリハーサルでID22を残して、それははるかにコンパクトですので、私は」ツアーID14をリードしています。

ブランドを配布しAudient、ID22 USBオーディオインターフェース オーディオテクニカ イベリア、DAW記録システム高性能、直接マイクを接続し、コンピュータとモニターに変身。シンプルで直感的な操作を維持しながら、最適な音質を提供するために作成されています。

Esta solución proporciona dos entradas analógicas y seis salidas analógicas, manejadas por conversores de 24 bit/96 kHz de alta calidad. Dispone de dos preamplificadores de micrófono clásicos de Audient y su diseño híbrido utiliza una etapa inicial en clase A para proporcionar una característica limpia y musical.

iD22 dispone de un preamplificador microfónico que puede encontrarse en cualquier interface de audio, y proporciona una plataforma para conseguir de forma inmediata grabaciones de gran calidad. Ambos canales cuentan con un pad que permite manejar niveles elevados, alimentación phantom para micrófonos de condensador, un filtro pasa alto para eliminar bajas frecuencias no deseadas y un conmutador de fase para facilitar la alineación de fase entre las entradas. El canal 2 dispone de una entrada DI con Jfet discretos, que permite la conexión directa de guitarras, sintetizadores y otros instrumentos.

ニーズが成長するにつれ、あなたはADETとSPDIFフォーマットをサポートし、その入力と光出力を介して、ID22を拡張することができます。また、ASP880として、8チャンネルのマイクプリアンプの助けを借りて、10件のエントリまでのシステムを拡張することができます。外部リバーブで作業する場合、これはSPDIFステレオを介して接続され、そして混合アプリを通じて統合することができます。

彼らのコロンバランスのインサートは、変換前に外部プロセッサの接続を可能にします。インサートリターンも非常にクリーンな信号経路を提供する、アナログ/デジタル変換器への直接アクセスを提供します。

モノ、極性、薄暗い、カット、スピーカーの切り替え、トークバックや監視キューミックス:ID22は、制御機能のモニタリングスタイルのコンソールが組み込まれています。これは、任意の研究の中枢になるために訓練された最初のオーディオインターフェイスになります。

すべての内部ルーティング、混合およびID22の構成はアプリケーションID22ミキサーから行うことができます。そのデザインは、それを迅速かつ簡単に使用すること、必要とされるサービスに焦点を当てています。でも、それはあなたがチャンネルにラベルを配置することができます。

機能:

  • デスクトップ形式のインターフェース、10個の入力と14の出力。
  • コンバータDA / AD 24ビット/ 96 kHzの、2つの入力、6つの出力します。
  • マイクロフォニッククラスAプリアンプ、および個別のJFETの楽器のための1つの入力。
  • あなたは、外部エフェクトを統合することができ、バランスの挿入ポイント、。
  • 別DACによって供給ヘッドフォンアンプ。
  • 低レイテンシーDSPミキサー。
  • ステレオメイン出力と代替。
  • 機能性は、ハードウェア制御と、ユーザー定義監視します。
  • USB 2.0接続。

社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって • 2017年5月4日
• セクション: オーディオ, コントロール

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/