ニューヨークの象徴的なタイムズスクエアでは、Space150の専門家やソフトドリンクのブランドは、1760個のキューブLEDと独立した動きと245は固定で作成したロボット3Dシステムとのこの時間は、実行する屋外デジタル広告に新たな次元を与えています表示された内容によると、壮大な振り付け。

これまでの最初の屋外広告(OOH)3Dは約30万人で渡し、ニューヨークタイムズスクエアなど、劣らず衝撃的なシナリオを持っていない代理店が作成した素晴らしいビジュアル体験を目撃しました Space150エンジニアリングソリューションおよびデジタル設計に特化。

245枚のパネル静的導かと共に、1760枚のLEDパネルは独立した動きで使用され、この多国籍ソフトドリンク、3D用にロボット化この革新的な看板を作成するために、表示された内容に応じて、それは数千の注目をキャプチャアニメーション息をのむ振り付け3Dを実行します毎日マンハッタンの神経センターを訪問し、観光客や市民。

Como ha señalado Kim Gnatt, director del grupo de estrategia de negocios de Coca-Cola en Norteamérica, “desde el principio, nuestra intención fue crear un momento de relax y pausa para tomar nuestro refresco en el concurrido ambiente de Times Square. Nuestra tecnología 3D patentada dinamiza nuestras marcas icónicas de una manera única y diferenciada con la que esperamos captar la atención de la gente y hacer que quieran participar durante más tiempo”.

Esta revolucionaria y gigantesca pantalla Led dinámica, de 20,7×12,8 metros, ha superado rigurosas pruebas para soportar las difíciles condiciones climáticas de Nueva York. Cada cubo Led de alta resolución está programado para extenderse y retraerse de manera independiente, simulando acercarse a la audiencia y mostrando este verano la gama de bebidas de la compañía para combatir la sed y querer beber una Coca-Cola helada, Zero, Light, etc.

屋外広告での技術革新の最前線に、コカ・コーラは、タイムズスクエアの画面に2004年に彼の成功を更新した(そして、彼はこの広場で彼の最初の広告を設置し、ほぼ百年後)にその技術を適用することにより、独自の動き、で設計、製造、テストは、過去4年間のR&D、多数のパートナー企業と共同で、エンジニアリングおよびマーケティングのチームをしてきました。

「タイムズスクエアは、アメリカの象徴と屋外広告の震源地であるので、我々は新しい符号が前に見ていたすべてのものとは異なって欲しかった「ミラー氏は述べています。キャンペーンこの夏コーラ風邪を共有するには、組合と関係していますので、私たちは、幅広い視聴者にコカ・コーラが提供できるという経験を祝うために、この貴重な可視領域を使用する機会を見ました。」

動画プレビュー画像


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS フィード あなたが何かを見逃すことはありません。

その他の記事 ,
によって •2017年8月24日
• セクション: ケース ・ スタディ, 特集, デジタル ・ サイネージ, ディスプレイ, イベント, ビジネス, 動的な広告

他の関連記事

魂スロット検討のゲーム http://gameofthronesslotgame.com/