この買収により、欧州レベル、知識のこの領域でリコー グループの最初の後両社は相乗効果を展開し、お客様のビジネス拡大に独立して動作する新しい共同ステージを開きます。

リコーは、テクノ トレンドを取得: アーネストの Companys、監督一般的なテクノ トレンド、ラモン マーティン CEO リコー スペイン

リコー 専用設計の会社の株式とソリューション、ビジネス コラボレーション サービスの実装の 100% を取得しました。 テクノ トレンド、日本の会社のスペインで今パートナーまで。

この購入は、知識のこの地域のヨーロッパのレベルでリコー グループの最初を表します。本契約は、アーネストの Companys、テクノ トレンド代表取締役社長、CEO のリコー スペイン ・ ポルトガル、ラモン ・ マーティンによって署名されています。

2 つの企業が独立して動作します。テクノ トレンド社員と本部にいきますバルセロナ、マドリード、ビルバオ、サービス、商標テクノ トレンド、リコー、オーディオの統合ソリューション、会議、およびテレプレゼンス サービスの専門家の下で製品を提供しています。ビデオ、および同社ユニファイドコミュニケーション。

さあ今から両社のシナジーを拡大することを目的と新たな局面を開くし、エンタープライズ ・ コラボレーション、2021年まで倍増する期待されている国際的なレベルでの市場の拡大の時にそのビジネスを拡大します。

「この操作成長とこの市場に適した時職場のデジタル変換分野革新ための大きい潜在性を提供してくれます、スペインおよび国際的なレベルでの主要な俳優の 1 つのリーダーとして私たちのポジション」ラモン ・ マーティンがについて説明します。

リコーのブランド、その広範な顧客基盤、国家および国際レベルや技術力でのサービスのネットワークの位置からお越しのテクノ トレンド」ができる新ソリューションを開発し、製品やサービスをカスタマイズします。ミケル ソレルが、"提供されるリコー スペイン IT サービスのマネージング ・ ディレクター、具体化しなかった。

彼の部分のためアーネストの Companys は今から会社で行われる戦略を強調しています。"業務提携および顧客へのサービスの同じ職業で同じ専門でいきます。財務能力、IT インフラストラクチャ、およびリコーの国際的な範囲を支え、今我々 より多くの顧客に到達でき、新しいよりカスタム ソリューションを提供」。

この購入とリコー強化大規模なアカウントのセグメントでの作業 (デジタル ・ ワークプ レース) 位置のデジタル変換での事業金融サービス、医療、行政の分野を中心に、クライアントのポートフォリオを拡大ユーティリティ ・小売。

また、テレプレゼンス、ユニファイドコミュニケーション、オーディオとビデオの統合、プロフェッショナル ・ サービス、管理、サポートおよびメンテナンスの推進です。"我々 はそれの組み合わせサービス、オーディオとビデオの統合、プロセスでは、従業員の経験を改善するキーと確信してください。

これらのサービスは、すでにこの市場認知のインタラクティブなホワイト ボード、プロジェクター テレビ会議システムなどでリコーを提供するソリューションに追加されます。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 5 Jul, 2017
•セクション: AV会議ビジネステレプレゼンス/ビデオ会議

その他の記事