6クリスティミラージュ4K35プロジェクターは、ドイツのテーマパークエウロパパークの最新アトラクション、ボレタリウムの3Dツアーに訪問者を浸します。

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

飛行の夢は人類と同じくらい古い。ドイツのテーマパークを訪れる夢 エウロパパーク 彼らは少し近づき、彼らは今、新しいアトラクションを追加しました: ボレタリウム、ヨーロッパ最大の「飛行劇場」で、オーストリアの会社に対応する技術的な生産を持つヨーロッパのテーマパークでこれまでに行われた最大の個人投資を持っていました クラフトヴェルク・リビング・テクノロジーズ

ドイツ専用の公園の主題エリアに位置し、 ボレタリウム ヨーロッパ中の素晴らしい旅に乗り出すために訪問者を招待します。「フライングシアター」は、ドームの形で2つの424m2スクリーンで構成されています。訪問者(一度に70)は、古い大陸の没入型3Dツアーに乗り出します。

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

投影のために、クラフトヴェルクリビングテクノロジーズは、ネイティブ4K解像度、120 Hzと6プロジェクターの高イルミネーションを選びました クリスティ ミラージュ4K35、各スクリーンドームのための3、その内容は、偉大な都市やヨーロッパの風景の最高の景色を持つ最大14の空中映画の実現に応答します。

ナレーションは毎シーズン世界中から以上 550 万の訪問者を歓迎する公園のヨーロッパのテーマに完全に収まる人は、100 人以上のアトラクションと 15 の分野によって配布されることを示していますヨーロッパ各国に拠点を置く、異なる世界によって運ばれます。

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

引数重要な役割を果たしています。 Voletarium、 すべての年齢の訪問者は、兄弟カスパーとエックバート・オイレンシュタインが一緒に飛ぶことの夢を実現した方法を伝えられます:「ヨーロッパアドベンチャークラブ」は、航空の2つのパイオニアであることを証明するためにアンドレイ・ニコライェウ教授に尋ねたとき彼らは1825年に最初の有人飛行を操縦した。

物語を視覚的に形作るのにはかなりの準備が必要だった。上映の撮影前に、デモ映画のプレビューとアニメーションは、様々なテーマの可能性の中で、物語に最も適したものを選択するために作られました。これを行うには、424m2の半球で良好な結果を投影することができるグローバル画像を一緒に生成するまで、異なるカメラ位置をテストしました。

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

このアトラクションのために、2つの大きな部屋が作成され、それぞれ70人の観客のための収容能力があり、合計140人がケーブルカーの座席の一種に取り付けられた空気を滑り抜けることができます。

Los pasajeros disfrutan de unas espectaculares proyecciones en 3D en una pantalla en cúpula, compuesta de dos mitades cóncavas con un diámetro de 21,5 metros cada una. Efectos como el aire, el agua o el olor intensifican la sensación de volar que los viajeros experimentan mientras se mueven a través de los domos, de dieciséis metros de altura.

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

Como explica Thomas Gellermann, jefe de I+D de Kraftwerk Living Technologies, “el visitante del ボレタリウム se sienta, por así decirlo, en medio del acontecimiento: no fuera ni frente a lo que está ocurriendo, sino en su interior. Eso le transmite una sensación de vuelo parecida a la que se experimenta con un simulador, pues el campo de visión es de unos 180/120º. La interacción de tecnologías de gran ingenio desemboca en una experiencia inmersiva, sin desmerecer la espléndida calidad de las imágenes, un factor fundamental”.

Las grabaciones tridimensionales en 4K se realizan con ayuda de tres proyectores Christie Mirage 4K35 que, gracias a la electrónica TruLife de ese mismo fabricante que incorporan, suministran contenido 3D a resolución nativa 4K y 120 imágenes por segundo cada uno.

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

En este sentido, la opción ha sido una solución de proyección multicanal con tres proyectores 4K, en lugar del proyector único de otros ‘flying theatres’. “Ofrecimos la solución multicanal porque ofrece una mayor producción lumínica y resolución. Pero, además, ayuda a conseguir una experiencia mucho más inmersiva que con un único proyector situado en el centro”, puntualiza Gellermann.

Otra desventaja de la opción de un solo proyector es que, lo que se conoce como sweet spot, es decir, el punto ideal desde el que contemplar la experiencia, queda libre, ya que el punto medio se toma desde la posición del espectador.

Un aspecto positivo más de esta tecnología de ボレタリウム es que el sistema de la atracción no va conectado a los proyectores, por lo que estos están libres de vibraciones.

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

La alta resolución de los proyectores ha sido clave a la hora de elegir los equipos de Christie, al igual que la HFR de 120 imágenes por segundo que intensifican la nitidez de la imagen. “Habíamos empleado este mismo equipo en otros proyectos y, hasta ahora, no nos ha defraudado”, recalca Gellermann.

En la misma línea, Aldric Muller, director de proyecto de AV Media de Europa-Park, subraya que “en el parque llevamos bastante tiempo usando dos proyectores Christie en nuestro cine 4D, por lo que conocíamos la calidad y el brillo de su reproducción 3D y su fiabilidad”.

ヨーロッパ公園マック KG - マック メディア Voletarium ・ クリスティ

Esencial en la planificación de esta atracción temática para sus responsables era que que Christie podía suministrar resolución nativa 4K a cada proyección para sus grabaciones, así como una producción lumínica muy elevada, y la posibilidad de alcanzar 120 imágenes por segundo por equipo, sin olvidar el futuro: “queríamos crear una instalación que dentro de varios años continúe estando en plena forma”.

Todos estos factores se han materializado con el premio a ボレタリウム a la ‘Mejor nueva atracción europea 2017’, en los galardones Parksmania en Movieland Park, que forma parte de parte del complejo Canevaworld Resort, situado en la ciudad italiana de Verona.


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 22 Mar, 2018
•セクション: ケーススタディHIGHLIGHTケーススタディSPOTLIGHTイベント生産投影

その他の記事