この探触子の Powersoft には、革新的な増幅モード切り替えまで、伝統的なを持っていた公正なドイツの示すように、制限を克服している提供しています。

Powersoft M-フォース

4 月 13 日、4 月 10 日の月 Powersoft 最初に提示 プロライト + サウンド 2018、(ホール 3.1-スタンド C17)、メッセ ・ フランクフルトで開催されるトランスデューサー M 力」すべてを克服するため、線形モーションを生成の並列モバイルの磁石のため、従来のものに比べて完全に別様に動作、」「負荷を処理の制限。

M 力デバイス プッシュ-プルになりますので、リニア、回転式コンバーターを必要とせずこの直線的な動きが発生したネイティブ、完全に対称操作を提供することができます。

このように、力だけは、非常に深いと定義された深刻な最適なサウンド パフォーマンスを維持しながらボリュームとボックスの SPL の比率を大きく削減できます。

Powersoft M-フォースM フォースはその従来のトランスデューサーでは、20 倍以上大きな力まで扱うことができる、オーディオの分野に必ずしも限定されないアプリケーションの可能性の全く新しいスペクトルを展開します。

他のソリューションを M 力によって追加 301 P 01 Powersoft OEM パートナーの作業を簡素化するほか、簡単なインストール、エンジンと横隔膜は堅牢な筐体のと相まって今優れた熱放散;磁気、磁石、モーターは高電圧コネクタと同様に、外付けドックを必要とせず直線運動を提供するために区切られるため最高のアクション春はエンジン自体の内で統合されています。


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 9 Apr, 2018
•セクション: オーディオイベント