視聴覚・ TI, 教育, 企業環境でのコラボレーションを促進するように設計効率を改善し、ユニークな体験を作成します。

ソニー ise2019

「伊勢 2019 年まで参加者に当社最新のエッジ分析アプライアンスを経験し、私たちの新たなプロジェクターを参照してください直接インテリジェントビルの革新を知っている機会を提供する満足しております」。

これらの言葉は、ダミアン Weißenburger の教育ならびに企業のソリューションを担当 ソニー プロフェッショナル ソリューション ヨーロッパ、彼は説明した、会社中に提示している提案 伊勢 2019 (ホール 1 のスタンド N20);コンテスト「がは私達に AV パートナーとの共同作業労働と教育未来一緒に定義するため知識を共有する機会を与える」。

ソニー ise2019

クリスタル Led と制限のない浸漬

ソニーは、彼のキャリアを通してヨーロッパで示している、アムステルダムでコンテストに参加中今年役割を捕捉する大きいディスプレイ システムです。

クリスタル Led の特性は、8 K × 4 K フレーム、ユニークなスケーラビリティ、coloresy 最適なイメージ品質の正確な再現、1,000 以上のコントラスト比のおかげで可能なしの見事なディスプレイと、それを保証します 000: 1、食材内容。180 ° の視野角との任意のスケールでハイパー。

クリスタル Led を提供しています「決定的な解決策」はメーカーから自動車産業、ショップ、レセプション、展示会、エンターテイメント (テーマパーク、ゲーム/e-スポーツと映画館) の場所のための領域を確認します。

ソニー ise2019

作成し、ビデオ コンテンツの改善

伊勢 2019年ソニーが提示した技術革新のもう一つは人工知能 - レア - C1000 - 学校や企業のプレゼンテーションに革命をもたらすために意味されると呼ばれるに基づく最新の世代のエッジ分析アプライアンスです。

レア C1000 は人工知能技術に基づく機械学習を使用する、分析し、リアルタイムで視覚的なコンテンツの品質を向上させ、国民の理解に自動的にコンテンツのビデオを理解することができます。

既に使用するプレゼンテーション、会議、カンファレンス、セミナー、エッジ分析アプライアンス電源より良い公共関係と報告者は、発表者にリモートで任意の環境で、すべての出席者に到達する能力を与える.

調査官の存在を高めるためには、レア C1000 マニュアルを書いて、どのエキスの独自の抽出技術が組み込まれています、書かれた文字を認識し黒やホワイト ボードに報告者の手書き内容、それらを重複を改善2 番目の画面上でリアルタイムにスピーカー。

ソニー ise2019

これにより場合でも彼らは講堂の後ろに、またはテレマティックのプレゼンテーションに参加、その身振りや表現を失うことがなく調査官のスレッドに従うこと公共のメンバーです。

ソニー ・ ピクチャーズの認識の専門家によって数年にわたって開発エンジニア リング カスタム、おかげでエッジ分析アプライアンス、PTZ モデルとしてメーカーからカメラと他のソースの中の XDCAM カムコーダーを使用する設計されていますポータブルまたは単一の HDMI 接続を介してデスクトップのデバイスを含みます。

クロマ; なし CG オーバーレイPTZ 自動追尾;フォーカス エリアやジェスチャーによって前景のカットアウトがレア-C1000 の他の機能エッジ分析ソリューションのデモ、ライブのブースで訪問者を確認することができます。

ソニーの led ise2019 クリスタル

新しいプロジェクターのより高度なインストール

ソニー プロジェクター レーザーの範囲を拡大して、注目の 2 つの新しいインストール プロジェクターを提示するあなたのスタンドでスペースを捧げる: 6,500 ルーメン、VPL-FHZ70、5500 ルーメンと、VPL-FHZ75。

Estos compactos proyectores láser y resolución WUXGA consiguen una calidad de imagen excepcional, combinando las tecnologías de imagen del fabricante (que incluye un panel LCD de reciente desarrollo), la de aumento de resolución Reality Creationy una fuente de luz láser Z-Phosphor de larga duración.

Ambos proyectores incluyen una función pionera de ‘configuración inteligente’, que permite encontrar los ajustes óptimos rápidamente y garantiza un funcionamiento estable y fiable a largo plazo.

Sony teos ise2019

Soluciones Teos para edificios inteligentes y gestión de espacios de trabajo

新しいコントロールおよびその機能と企業環境全体への影響を拡大するように設計された機能を追加する伊勢 2019年でソニーから別の提案は、インテリジェントビル、Teos 2.0 - 管理のソリューションのセットの最新の更新プログラム.

Teos 管理から他の改善の中で、従業員、制御室の新しい補完および会議室のための普遍的なセンサーの普遍的なアプリケーションです。訪問者は、Teos の建物、受付、予約、企業環境でコントロール ルーム管理向けブース、アクションを見ることができます。

ソニー エッジ分析アプライアンス ise2019

学習におけるさらなる共同作業ビジョン交換

Sony ha desvelado en la primera jornada del certamen las últimas mejoras de su buque insignia en soluciones de presentación interactiva y aprendizaje activo: Vision Exchange 1.2, tales como la interfaz y experiencia de usuario, ampliaciones del sistema y mayor compatibilidad con Byod.

En el stand se realizan demostraciones de Vision Exchange al estilo universitario para mostrar cómo puede mejorar los entornos de formación y aprendizaje en diferentes situaciones dentro del sector educativo.

Captura de contenido en red flexible: Miris Netcapture

La multinacional japonesa ha anunciado en la feria su colaboración con UbiCast en Miris Netcapture, nueva solución de captura de clases en red que integra Vision Exchange para crear contenido de aprendizaje en vídeo más atractivo e interactivo.

Mientras Vision Exchange comparte y anota contenidos desde ordenadores portátiles, teléfonos inteligentes y tabletas frente a la clase, Miris Netcapture graba el contenido retransmitido desde Vision Exchange y lo transfiere a MediaServer, la plataforma de vídeo de UbiCast, para su edición, gestión y distribución a través de un reproductor de vídeo dedicado al aprendizaje social.

ソニー ise2019

この統合は、各部屋独自の録音デバイスを装備することの必要性を排除します。代わりに、いわば Netcapture サーバー ルームに永久にあるし、動的に関連教室セッションをキャプチャします。

さらに、それは非常に柔軟なソリューションと将来性と教師を表示すると、記録されたプレゼンテーションを補うだけでなく、しかし、同時に録画中先生が、質問や生徒の反応。

XDCAM ポケットと PowerPoint の仮想生産

Desde la compañía se muestran satisfechos de haber escuchado a sus usuarios, y tras el éxito logrado por Virtual Production, el servicio de producción bajo demanda en la nube, la solución incluirá nuevas funciones que se presentan en exclusiva en ISE 2019.

Virtual Production es ahora compatible con la aplicación para móvil XDCAM Pocket de Sony, con el fin de cumplir las necesidades de retransmisión en directo de eventos corporativos y universitarios.

La aplicación convierte el teléfono en un camcorder XDCAM, preparado para la nube, y permite a los profesionales de entornos empresariales y educativos transmitir su contenido de alta calidad a redes sociales o páginas web directamente desde el móvil.

企業の顧客のためのもう一つの絶対に重要な機能と大学はあなたのイベントのライブ放送のため、追加のソースとして PowerPoint を使用することができます。

したがって、仮想生産が今専門家で観客の経験を強化する PowerPoint プレゼンテーションに入力ソースを変更することができます。ライブのプロのソリューション ユーザーのカメラ、グラフィックス、ロゴ、字幕以外にも六つのサインの最大へのアクセスがあります。

Otro de los atractivos para los visitantes es conocer casos de éxito con la tecnología de Sony, como los de las universidades de Gales Trinity Saint David (UWTSD), de Bolton y de Swansea, que han mejorado e impulsado el aprendizaje con Vision Exchange, Teos y las soluciones de UbiCast.

デジタル AV で特別な伊勢 2019年へのアクセス


あなたはこの記事が好きでした?

当社に登録 RSSフィード そして、あなたは何を見逃すことはありません。

その他の記事
によって • 6 Feb, 2019
•セクション: 背景コントロール特別DAV Megadestacado電子看板表示看板の配布イベントトレーニング生産投影

その他の記事